自転車事故

こんにちは、ルナ整骨院です!!

先日、小学校の旗振り当番で下校時のパトロールをしていると、

後ろからくる自転車と下校途中の小学生が接触しそうになって、

ヒヤっとしました。

近年、高齢者が起こす自転車事故はとても増えています。

一概に高齢者に原因があるわけではありませんが、

他の年代と比べると事故が起こりやすい状態になっています。

 

人は高齢になると視力が低下し、視野も狭くなります。

視力の低下と視野の狭まりは危険を察知する能力を鈍くし、

対応を遅くしてしまいます。

また、高齢になるとバランス感覚が低下してしまいます。

反射神経や筋力も衰えて、緊急の回避をすることが

思ったようにできなくなり、

ふらふらとその場で転ぶことが多くなってしまうのです。

 

安全に自転車に乗るために、いくつか見直ししてみてください。

・サドルの高さ

低くなっているものを選ぶことで、乗り降りが楽になる為、

転倒の危険が低くなります。

前かごに荷物をのせすぎない

買い物の手段として使われることが多いと思いますが、

重い荷物を前かごに入れたり、ハンドルにかけたりすることは避けましょう。

あくまでも歩行者優先

歩行者が通行を妨げていたりして、運転しにくいこともあります。

でも、あくまでも歩行者優先です。

すぐに停止できる速度で徐行して走ってください。

むやみにベルを鳴らしたり、無理矢理通ろうとしてはいけません。

 

子供も親と一緒にいる時は、目を離さず注意することもできますが、

通学途中など親の目が届かないこともあります。

事故を未然に防ぐために、「譲り合い😊」の気持ちを忘れずにしていきましょう。

 

 

投稿日: 2019/03/03

三寒四温を繰り返し。。。

皆さん、「三寒四温」という言葉を聞いたことがありますか。。。?

 

「三寒四温」とは。。。

寒い日が3日続いて暖かい日が4日続いて

また、寒い日に戻ることだそうです。

 

まさしく。。。

最近の気候がそういう感じですよね!

 

この「三寒四温」を繰り返しながら春になっていくということです。

 

 

本当に、この時期、着る物にも困ってしまいます。。。

朝晩の温度差や、外と中の温度差や

昨日と今日の温度差や、

差が激しすぎて、体がついていけない感じです。

 

暖かいと、一挙に花粉も跳びはじめますし。。。

防寒の為、花粉から守る為、いろいろなウイルスから

身を守る為にも、当分、マスクは手離せないようです。。。

 

 

「三寒四温」を何度も繰り返しながら、

暖かい春が来るのが待ち遠しいですね。。。

 

 

 

投稿日: 2019/03/01

貧血を甘く見てはダメです!

日本は貧血大国だと知ってましたか?

貧血は男性よりも女性に多くみられる症状ですね。

プチ不調やだるさなどの原因は貧血の症状かもしれません。

 

女性の貧血はほとんどが「鉄欠乏性貧血」です。

体内に酸素を届ける働きのヘモグロビンは鉄を材料に作られています。

ここで鉄不足によりヘモグロビンが作られなくなると、酸素を十分に

体内に届けられず、ダルさや集中力の低下の症状が起こってくるのです。

外国では、小麦粉に鉄が添付されていたり、補助食品を利用したりと鉄不足の

予防対策が出来ているようです。

日本ではこういった対策は特別していません。そもそも「鉄」を摂らないといけない

という意識が低いんですね。

 

貧血と間違われやすいのが「起立性調整障害」です。

これは、朝礼などでバタンと倒れてしまうあれです。

血圧の急降下によるふらつきやめまい、立ちくらみを起こす症状ですね。

 

鉄不足による貧血なのか低血圧によるものなのかは、

自己判断せずに医師に確認しましょう。

治療方法やお薬が全く違いますので!

 

貧血は「たかが貧血」とは思わずにきちんと治療しましょう。

体力のある若い方は、寝れば回復できるから。。。と思いがち

ですが、その裏に違い病気がひそんでいるかもしれませんよ。

 

毎日の食事の中で、「鉄」を摂る事を心がけているだけで

だいぶ違います。食事にはちょっと難しいという方は

タブレットなどで補っても良いですね。

 

 

 

投稿日: 2019/02/28

姿勢を正して集中力UP!

今の子供たちは猫背の子が多くありませんか??

机に向かっているとき、パソコンをしているとき、

ゲームをしているとき、

背中が丸くなっていたりしている子が多いですよね。。。

一昔前には肩こりや腰痛とは無縁だった「子ども」ですが、

現在彼らの中でそういった慢性的な痛みを抱えている方が増えています。

やはりそれは「姿勢」が悪いからです。

 

猫背の状態になってしまうと、肺が圧迫されて脳に十分酸素が行き渡らないため、

集中力が低下してしまいます。

姿勢が悪くて勉強を始めるとあくびが出るのも、脳が酸素不足を起こしているからです。

猫背が原因で腰痛や肩こりまでも、引き起こされてしまいます。

 

2013年に健康日本21推進フォーラムが行った

「疾患・症状が仕事の生産性に与える影響に関する調査」によると、

腰痛や肩こりなどの不調がある場合、

仕事のパフォーマンスは約30%も低下することがわかりました。

 

お子さんで考えると、姿勢が悪い子の5時間の勉強は、

姿勢がいい子の3時間30分のパフォーマンスにしかなりません。

せっかく頑張っているのにもったいない気がしますよね💦💦

 

また記憶力についても、正しい姿勢が有効であることが明らかになりました。

 

猫背を改善すれば、学習効率は大きく向上しますが、

運動能力もUPするそうです。

 

姿勢が悪いと、腹筋を生活で使わなくなっていきます。

そうすると、腹筋と背筋のバランスが崩れて体の軸がくの字になってしまいます。

体幹が不安定になると、

投球フォームやランニングフォームが安定せず他の部位に過度な負荷がかかり、

怪我や故障の原因になります。

逆をいえば、体幹が安定すれば、フォームも安定し、パフォーマンスもUPします。

良い体幹は、強い軸であり、手足の良い運動を作りだすのです。

 

ルナ整骨院では、姿勢分析でゆがみを細かく分析します。

やさしい手技で姿勢を正しい状態に戻すと、

肩の痛み・姿勢が劇的に変わりますよ!!

初めてお越しいただいた方には、ゆっくりと時間をかけて、

施術の計画をご説明いたします。

お身体に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

投稿日: 2019/02/28

目のかゆみ 対処法

夕方、外にいると、日がのびたなぁと実感します。

春先、急に暖かくなると、

思いもよらず体調を崩したり気分が優れないことがあります。

昔の人の知恵ですが、そんな時に、

少し辛いものや梅干しなど酸っぱいものを口にするとスッキリすることが

ありますよ。

 

ルナ整骨院は、痛みのある部位の施術はもちろん、

「姿勢」を切り口にしたケガの予防、体質改善などのアドバイスも行っています。

小さなお子様連れの方には、キッズスペースやバウンサーのご用意もありますので

ご安心ください。

お身体に関するお悩みがありましたら、ルナ整骨院までご相談ください。

 

この時期、

目がかゆい😢

とお困りの方多いですよね。

子供を見ていても、何度もこすったりしていて、

ばい菌が入らないかとヒヤヒヤしてしまいます💦💦

 

目がかゆいからといって、こすったり、強くたたくと、目を傷つけてしまい、

アレルギー性結膜炎とは、異なる病気になってしまう可能性があります。

目に優しく、かゆみに対処しましょう。

 

対処法として

➀冷たいタオルで冷やす

 

②タオルを巻いた保冷剤で冷やす

 

③洗眼する

その際、水道水での洗眼は避け(塩素による刺激を避ける)、

人口涙液を使いましょう。

防腐剤が入っていないものを選びましょう。

目からあふれるくらい、2、3滴さして、

あふれた分を軽くティッシュで拭き取れば、目の表面は十分に洗われています。

 

いくつか対処法はありますが、

花粉を寄せ付けない工夫も大切です。

外出する時の洋服によって、家に持ち込んでしまう花粉の量に違いが出てきます。

一般にウールなどの素材は花粉が付着しやすく、

綿や化学繊維などは付着しにくいと言われています。

春先用の洋服選びに覚えておくと便利ですね。

 

 

 

投稿日: 2019/02/26

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 205

佐倉市ユーカリが丘ルナ整骨院鍼灸院|お問い合わせはこちら

ルナ整骨院鍼灸院電話番号043-308-3373

トップへ戻る

エステサロンDiana。フェイシャルエステ、痩身ボディ、美容鍼、ブライダルエステを、ぜひご体験ください!