加湿器病

2017年11月9日

こんにちは♥ルナ☽整骨院です。

当院では、交通事故治療も行っておりますので、是非、ご来院お待ちしております。

 

乾燥対策に加湿器は必需品ですよね。

そろそろ使い始めている人も多いのではないでしょうか。

しかし、加湿器を使ったことでかえって病気にかかることがあるとか。

汚れた加湿器の中には、カビや細菌が繁殖しており、それを吸い込むことでアレルギー性の肺炎である喘息等を引き起こします。

多くの原因は、加湿器に残った水をもったいないから、または面倒だからと、そのまま注ぎたしていることです。

常に水が入っている状態はカビの温床になってしまいます。

加湿器肺にかかっても、早期なら、加湿器の使用を止めれば病気は治るそうです。

重症化したら、ステロイド治療が必要になることもあります。

もし加湿器を使っていて2週間以上咳が長引くようであれば、それは風邪ではなく加湿器肺かもしれませんよ。

加湿器肺を予防する為には、正しいお手入れと使い方を心がけることが重要です。

・加湿器の種類に関わらず、水は毎日入れ替えましょう。

・ミネラルウォーターではなく、水道水を使いましょう。

(水道水には塩素が入っていて、殺菌作用があるからです。)

フィルターなどの掃除方法は、メーカーごとに異なるので説明書をよく確認しましょう。

(掃除方法)

毎日:タンク内の掃除は衛生を保つため毎日掃除しましょう。

水を毎日捨てて、タンクを軽く洗いましょう。

週1:タンク内やトレイをお湯とクエン酸で、週に1回は洗浄しましょう。

タンクに半分くらいお湯を入れ、6~7g/ℓのクエン酸を溶かし、軽く振り洗いしたあと、一晩置いておきましょう。

トレイは歯ブラシなどで、水あかを綺麗にとっておきましょう。

月1:フィルターの掃除をしましょう。

フィルターを6~7g/ℓのクエン酸水で30分程浸しておき、お湯で優しくすすぎましょう。

フィルターは強くこすってしまうと、傷めてしまうので気をつけましょう。

フィルターの掃除を怠ってしまうと加湿器のフィルター周りにカルキが付着してしまうので、定期的なお手入れが大事になってきます。

※クエン酸が残っていると、後々の臭いの原因になるので、水でよくすすぎましょう。

完全にはクエン酸をすすぎきれないかもしれませんが、クエン酸はカラダに害がないので、気にせずそのまま使用して大丈夫です。

 

自分や大切な家族のためにも、空気を綺麗に保つために加湿器の掃除はしっかり行いましょうね。

 

ご予約はこちらへ

✩ルナのおすすめ治療✩

からだの土台となる骨盤矯正

肩こりや頭痛改善の猫背矯正・姿勢矯正

出産後の骨盤の開きに産後の骨盤矯正

痛みや神経痛、冷え症や婦人科疾患に鍼灸治療

首や肩の痛み、寝違えや五十肩

他にも交通事故治療(むちうち)やスポーツ外傷に特化した最新高電圧治療器

ユーカリが丘駅に今までになかった整骨院鍼灸院を目指して!

佐倉市、ユーカリが丘、西ユーカリが丘、南ユーカリが丘、上座、宮ノ台、井野、志津、西志津、下志津、中志津、染井野、勝田台、臼井、臼井田

などから多数ご来院頂いております。

そしておかげさまでm(__)m

口コミランキング第1位を獲得いたしました!

 

佐倉市ユーカリが丘ルナ整骨院鍼灸院|お問い合わせはこちら

ルナ整骨院鍼灸院電話番号043-308-3373

トップへ戻る

エステサロンDiana。フェイシャルエステ、痩身ボディ、美容鍼、ブライダルエステを、ぜひご体験ください!