GWの過ごし方

2018年04月25日

 

新年度が始まって1ヶ月近く経ち、溜め込んだ疲れやストレスが出てくる頃ですね。

これからの時期になりやすいのが、「五月病」です。

この五月病、予防の鍵はGWの過ごし方にあるみたいです。

予防法をご紹介しますね。

 

□睡眠リズムを乱さない

GWにはレジャーやDVDのまとめ視聴などで、

生活リズムが乱れやすいので注意が必用です。

うつ病のリスク上昇や五月病の誘発要因となりますので、

睡眠不足、睡眠過多など、睡眠リズムの乱れは気を付けましょう。

 

□GW前に難しい課題を片付けておく

難しい課題を抱えたまま、GWに入ると、休み中ずっとそのことを考えて、

かえってストレスを溜めてしまいます。

休み明けの仕事始めが、強いストレスとなる可能性もあり、

仕事から逃げたくなるケースもあります。

社会人は難しい課題や仕事を、学生は宿題を、早めに片付けてしまいましょう。

 

□だらだらと食べ続けない

休みだからと暴飲暴食してしまう人は少なくないが、胃の疲れは体を疲れさせ、

睡眠の質も低下させてしまいます。

ぐったりした状態で休み明けを迎えると、五月病の発症要因となります。

魚介類、肉類、豆類を中心としたバランスのとれた食事が良いとされるので、

取り入れてみましょう。

 

□レジャー疲れは気をつける

人ごみや行列など、かえって疲れるようなレジャーは、なるべく避けた方がいいでしょう。

人ごみなどを避けることが条件ですが、軽く体を動かすとリフレッシュにつながるので、

取り入れるといいでしょう。

 

□身近な人とコミュニケーションをとる

仕事や学校のことで頭がいっぱいになると五月病になりやすいので、

家族や友人と色々な話をしましょう。

日頃の悩みを話してみるのもいいでしょう。

外出先で話を聞いてもらうと、気分が切り替わることもありますよ。

 

真面目で責任感の強い人ほど五月病になりやすい傾向にあります。

GWを楽しみつつ、ご自身を労わってあげましょうね!!

 

 

 

 

 

 

 

ページの一番上に戻る