5月病

2018年05月5日

5月病という言葉を皆さんも耳にしたことはあると思います。

そもそも5月病って???何なのでしょうね。

少し調べてみました。

”現実と理想のギャップ”とのこと。

4月は就職など新しい環境に飛び込むことが多い時期です。

最初なのでやる気を出している人が多いですよね。これは張り切っている状態です。

しかし、1ヶ月くらい経つと、思い描いていた理想とは程遠い現実に気づき始めます。

張り切っていた分、その反動で落ち込んでしまっている状態が5月病といえるのだそうです。

こういった状態を世間では5月病と呼んでいますが、もちろん正式な病名ではありません。

環境に適応できないことによる一時的なうつ状態・意欲低下状態の呼称です。

5月以外でもこういった症状が起きますが、初めての環境になじめないことでのストレスが

この時期が一番起きやすいので呼称が付いたのでしょうね。

 

では、5月病チェックしてみましょう。

□朝早く目が覚めるが気持ちが沈んでいることが多い

□食欲がわかない

□仕事や人間関係に悩んでいる

□会社に行きたくない。辞めたい。

□自分はダメなやつだと落ち込むことが多い

□やりたいことや目標を見失っている

□他人と会ったり、話をするのが面倒くさい

□身だしなみを整えるのも面倒だと感じ、手抜きをする

□なんとなくダルイと感じる

□集中力が落ちてイライラしやすくなった

いかがでしたか?

1~2個の場合……今のところ問題ないようです。

3~6個の場合……注意が必要です。定期的にリフレッシュして気持ちを整えていきましょう。

7~10個の場合……かなりつらい状態ではないですか? 

 

5月病が軽いうつ状態なのでしたら、きつい言葉がけは禁物ですね。

相手の気持ちを理解しつつの言葉を選んで話した方がいいですね。

「慣れた?」「大丈夫?」など単語ではなく、

「慣れないことも多いだろうけど、自分のペースで頑張っていこう!」

「頑張っていることはわかっているから大丈夫だよ。」

などがいいのではないでしょうか。認めてあげることが大切ですね。

 

ではどうすれば5月病は治るのか?

自分に対して厳しくないことが1番!!!

なのですが、5月病でお悩みを持つ人は、真面目な方が多いようです。

思えば思うほど自分を追い込んでしまうようですね。

理想通りにいかなくても気分を切り換えて、自分に出来る事を続けていけばいいのです。

続けていってること自体がすでに素晴らしいことなんです。

ご本人も周りの方々も、長い目で見ていってください。

人にも自分にも、優しくいるのが一番です。

 

 

 

 

 

 
 

ページの一番上に戻る