鼻水ズルズルから抜け出す方法

2019年03月6日

この時期、花粉症の人達がくしゃみや鼻水に苦しめられている光景をよく見かけます。

出先で鼻がズルズル止まらないなんて事態はできれば避けたいものです。

授業中、仕事中、電車の中ならなおさらですよね(ノД`)・゜・。

 

そこですぐに使える鼻水を止める簡単な対処法をご紹介します!!

是非試してみてください。

 

その1:息を止めてみましょう

人は呼吸をすることで生きています。

その為、一時的にでも体内の酸素が足りなくなると、

鼻を開いて酸素を体内に取り込もうという防衛本能が働きます。

やり方は簡単です。

大きく息を吸い込んだ後に、ゆっくりと吐きます。

鼻が詰まっていれば、口呼吸になっても構いません。

息を吐ききったら、できるだけ長く息を止めます。

これをすることで、鼻腔が開いて、

ズルズルの鼻水を抑えることができます。

止める時間は、無理のない範囲で。

 

その2:口に水を含みましょう

鼻水は喉に向かって流れるものなので、口に水を含むことで、

鼻に流れでる鼻水を喉の方向に

誘導することができます。

やり方は簡単です。

小さじ2杯ほどの水を口に含み、5~10分間待つだけです。

 

その3:脇にモノを挟みましょう

脇の下は自律神経が集中しているので、

脇の下にモノを挟んで圧迫することで、鼻粘膜の充血を解消することができるのです。

鼻粘膜は充血すると、分泌液を分泌することで、充血を緩和しようとする機能が働きます。

鼻粘膜の充血を抑えることで、鼻水を止めることができるのです。

挟むものはなんでもOKですが、ペットボトルなんて自然でいいですよね。

 

 

 

ページの一番上に戻る