麦茶パック活用法

2016年11月7日

イメージとしては。。。夏場によく飲まれる『麦茶』。

最近は、冬場でも暖房がきいているので、季節関係なく、『麦茶』飲まれているようです。

カフェインレスなので、小さな子供から大人まで手軽に飲めます。

麦茶は水と比べるとミネラル分も多いので、熱中症対策の観点でも見直されているそうです。

お家だと、麦茶パックを使って水出し麦茶を作ってストックしている人もいるかと思います。

この麦茶パック、使い終わった後は通常ゴミになりますが、これをお家のお掃除に使えるのです。

 

(麦茶の成分が住まいをもっと清潔に)

よく緑茶やほうじ茶の出がらしに、抗菌作用がある“カテキン”が含まれている、

という話は聞いたことがあると思います。

実際に掃除の洗剤や制汗剤にも、「緑茶成分」を含んでいる商品も存在しますね。

緑茶やほうじ茶と同じく、麦茶の出がらしにも抗菌作用があります。

そのため、お家の気になる部分をより清潔にするパワーを秘めているのです。

出がらしを使った掃除は、薬剤も使わないので、体にも地球環境にも優しいのが嬉しいです。

 

(乾燥させて消臭アイテムに)

麦茶パックには消臭効果もあります。

お家の中でも臭いがこもりやすいい下駄箱や押し入れなどのスペースにおいておくと、

あの臭さから解放され、だいたい、1~2ヶ月の効果があります。

出がらしの麦茶をパックから出してから、耐熱皿に入れて600w電子レンジで2分30秒位加熱します。

最後にお皿などに水分を飛ばした状態のお茶殻を置いておけばOK!

ゴミ箱の消臭にも使えます。

 

(台所掃除をストレスフリーに)

お家の台所は、年数が経つにつれて、汚れも取りにくくなります。

掃除しても逆にストレスになり、途中であきらめてしまうこともあるかと思います。

お茶には油分を溶かす成分も含まれているので、麦茶パックを破かないよう優しく扱えば、

油がつきやすいレンジ台やガスコンロの掃除も楽チンになります。

キッチンペーパーなどで乾拭きすれば、油汚れが取れます。

また、水周りのぬめりもなくなるので、大助かりです。

 

(出がらしの麦茶パックを使う時の注意点)

あまりにも油でギトギトな状態で麦茶パックを使っても効果発揮はできませんので、

油分が多い時は、軽く予洗いをしてから麦茶パックで掃除するのがオススメです。

 

使った麦茶パックを再活用するのは、エコで経済的です。

子供も安心して使えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの一番上に戻る