魚不足

2018年04月29日

 

皆さんは週に何日魚を食べていますか??

週に3日以上が理想と感じている人が多いみたいですが、

現実では、週3日以上魚を食べている人はわずか3割で、

週2日以下しか食べない人は6割とのことです。

日本人の魚の摂取量は年々減少傾向にあります。

現代人はまさに魚不足。。。

魚ならではの栄養成分もあるため、注意が必要です。

 

魚ならではの栄養成分。

それは、「青魚のサラサラ成分」と言われるDHA・EPAです。

近年、生活習慣のツケなどに有効な働きが期待できる「オメガ3脂肪酸」に分類されます。

DHA・EPAは、人の体内では作られにくいため、魚などから摂る必要があり、

健康な毎日に欠かせない大切な栄養成分なのです。

 

魚を増やしてもDHA・EPAを摂るのは難しい?

DHA・EPAは熱に弱く、溶け出しやすいため、調理方法によっては、魚から大量に流れ出してしまい、せっかくの大切な栄養成分を逃してしまいます。

例えば、お刺身など生の魚から摂ることのできるDHA量を100%とした場合、焼魚にすると約20%減少、揚げ物にすると約50%も減少してしまうのです。

新鮮な青魚の魚油であるDHA・EPAはとてもデリケート。

実は、酸化(劣化)しやすいという弱点もあるのです。

一度、酸化してしまうと、DHA・EPAは本来のパワーを発揮できなくなってしまいます。

 

空気に触れさせなければいいのか?

というとそうではありません。

実は人の体の中でも、酸化(劣化)は進んでしまうのです。

つまり、青魚を毎日きちんと食べたとしても、そのパワーが十分に発揮されるとは限らないのです。

 

調理方法にひと工夫!

DHA・EPAをしっかり摂るには、熱を通さないお刺身がいちばん。

また熱を通す場合は、DHA・EPAが溶けだした、汁まで頂くことができる煮込み料理や

ホイル巻きがおすすめです。

フライパンで調理する場合には、野菜とともに焼き、野菜に染みこむようにさせると上手に摂れます。

 

酸化に強い食材と一緒に!

体内で酸化しやすいDHA・EPA

それなら酸化に強い栄養成分であるビタミンEやセサミンを多く含む食材と一緒に食べましょう。

□ビタミンEを多く含む食材

かぼちゃ、ほうれん草、ブロッコリー、ナッツ、しそなど。

□セサミンを含む食材

ゴマ

 

健康のために、魚を意識して摂取していきましょうね♪

 

ページの一番上に戻る