髪の毛の乾燥対策

2019年01月8日

 

 

寒さと共に乾燥も気になる時季ですね。

お肌の乾燥はもちろんですが、髪の毛の乾燥にも気を付けましょう。

髪の毛も年齢と共にパサつきが酷くなります。

髪の毛の乾燥は静電気も起きやすいですし、枝毛や切れ毛の原因にもなります。

髪の毛の乾燥を防ぐ毎日のヘアケアポイントを3つお話ししますね。

1・シャンプーはしっかりと泡を立ててから。

髪が濡れた状態でこすり合わせるとキューティクルが剥がれやすく、剥がれた

部分から水分が抜けてしまいます。

できるだけ摩擦を与えないようにするために、シャンプーはしっかりと泡を立ててから

髪の毛にのせていきましょう。

2・タオルドライはしっかりと。

1で話しましたが、濡れた髪の毛をゴシゴシ擦ってはいけません。

タオルで水分をしっかり拭き取ることは大切ですが、その時の拭き方が需要です。

イメージとしては、拭くというより吸い取る感じです。

タオルで髪の毛を挟んで、軽く押さえて水分を摂っていきます。

挟みにくい場所は、頭皮を叩く感じで水分を飛ばしていきます。

タオルドライで80%水分が取れているのが理想です。

3・最後は必ずドライヤーで乾かす。

自然乾燥の方が髪が痛まないイメージがありますが違います。

自然乾燥では逆に髪が乾燥しやすいのです。

髪の毛の内部に水分があるうちに乾かすことが乾燥させないコツです。

ドライヤーをかける前にヘアオイルなどを付けて乾かすのが良いでしょう。

髪を熱から守ってくれます。

ほんの数滴手のひらに取って、毛先を中心になじませましょう。

 

いかがでしたか?

洗髪は毎日の事です。

タオルドライに少し時間がかかってしまうかもしれませんが、頑張ってお手入れして

いきましょう。

年齢と共に肌もカサカサ、髪もパサパサでは心も乾き切ってしまいます。

自分を磨いて心も満たされ、毎日を楽しく過ごしていきましょう。

 

 

 

 

佐倉市ユーカリが丘ルナ整骨院鍼灸院|お問い合わせはこちら

ルナ整骨院鍼灸院電話番号043-308-3373

トップへ戻る

エステサロンDiana。フェイシャルエステ、痩身ボディ、美容鍼、ブライダルエステを、ぜひご体験ください!