骨を意識しよう

2018年09月19日

佐倉市ユーカリが丘にあります、ルナ整骨院です。

さまざまなお悩みに対応して、オーダーメイドの施術を行っています。

深部の冷えやコリ、寝違えやぎっくり腰でお悩みの方には、

鍼灸での施術がおすすめです。

使い捨ての細い鍼で副作用のないやさしい施術です。

お身体に関するお悩みがありましたら、ルナ整骨院までご相談ください。

 

 

みなさんは、骨を意識したことありますか?

骨はつねに生まれ変わっていて、生まれ変わるためには、材料が必要です。

その材料が不足していると、骨がスカスカ(骨粗しょう症)になり、

骨折しやすくなってしまいます。

骨をつくる材料で最も重要な栄養素はカルシウムですが、

日本人は一般的に不足しがちなんです。

ですから、「骨を強くする食べ物」をしっかり食べて、

「骨を強くする生活習慣」を知っておくといいですね。

  
  【カルシウムが多い食べ物はなに?】

・牛乳

・チーズ

・豆腐

・小松菜

・ごま

・ひじき

・わかめ

・いわし

などです。

 

また、カルシウムの吸収を助けるために、

ビタミンD」もしっかり摂りましょう。

しいたけなどのキノコ類、魚介類、卵などです。

 

食事のほかに、生活習慣で気をつけることは、

外に出ての日光浴や適度な運動、規則正しい生活です。

成長期のお子さん(特に女の子)は過度なダイエットは注意してください。

骨密度が減ってしまいます。

 

また、カルシウムの吸収を妨げる塩分やリン、カフェインの摂り過ぎにも

注意が必要です。

加工食品などで使われている食品添加物の中には、

リンが多く含まれているものがあり、

過剰に摂るとカルシウムの吸収を妨げます。

 

骨の健康のためにも、加工食品やコーヒーなどの摂り過ぎに注意し、

減塩を心がけましょう。

ページの一番上に戻る