香りで 気分をコントロールしてみませんか?

2018年12月23日

日が暮れるのが早くなっている冬場は、暮れ始める夕方の時間の

交通事故が増えます。

ルナ整骨院では交通事故の施術も行っております。

保険会社の手続きについても丁寧に説明いたします。

予約時間も夜8時まで営業しております。

まずは、お電話またはネットからのご予約お待ちしております。

 

皆さんは気持ちをコントロールする時どうしていますか?

今日は香りで気持ちコントロールのお話しをしますね。

嗅覚は五感の中でも唯一「情動」に伝わる感覚です。

脳に直接働きかけるのが嗅覚なのです。なので香りで気分をコントロール

することは可能なのです。

 

リラックス作用のある香りストレスや疲れが溜まった時〕

・ジャスミン

フローラル系でエキゾチックな甘い香り

気持ちの高ぶりを静める。月経痛、更年期障害緩和。

・ベルガモット

柑橘系

ストレス発散。感情を緩和する。食欲不振、消化不良を緩和する。

・ローズ

フローラル系。甘く華やかな香り。

心の癒し。女性ホルモンを整える。生理不順や月経痛の緩和。

・シダーウッド

樹木系。ほのかに甘い香り。

緊張感や不安を取り除き心を落ち着かせる。集中力を高める。

 

元気が出る香り 〔テンションをあげたり、思考をスッキリさせたい時〕

・ペパーミント

ハーブ系。メントールの香り。

脳を刺激して思考をスッキリ。乗り物酔いや頭痛を和らげる。

・レモン

柑橘系。爽快感のある香り。

気分をリフレッシュ、意識を高める。

・ローズマリー

ハーブ系。クールで清涼感のある香り。

気分を高揚させ、無気力や躁うつを改善。頭がスッキリしてやる気がでる。

・レモングラス

ハーブ系。甘く爽やかな香り。

不安をやわらげ、気分を明るくさせる。

 

いかがですか?

年末で何かと忙しく、気持ちもせかせかしがちな時ですね。

香りを利用して気分転換しながら、スッキリ爽やかな気持ちで

来年を迎えられると良いですね。

 

 

 

 

ページの一番上に戻る