首焼け

2018年06月9日

 

ルナ整骨院では、交通事故の施術も行っております。

交通事故やむちうちでお悩みの方はご相談ください。

経験豊富なスタッフが対応致します。

交通事故は夜20時まで施術しておりますので、

お仕事帰りにもお越しいただけます。

駐車場も4台完備しておりますので、ご安心ください。

 

紫外線が気になる時期ですね。

日焼け止めを、顔や腕にはしっかり塗るのに、

首に塗るのは忘れてしまいませんか?

首に紫外線を浴びすぎると、真皮層にあるコラーゲン繊維などが破壊されて、

急激に乾燥し、首元の皮膚の弾力がなくなり、シワやたるみになりやすいと

いわれています。

見た目年齢をどんどん悪化させてしまいます。

 

首の日焼けを防ぐポイント3つ

~保湿~

お肌のスキンケアと一緒に、首やデコルテもきちんと保湿しましょう。

お風呂上がりだけではなく、朝のお化粧前にも欠かさずに保湿をすることで、

睡眠中奪われた皮膚の水分をしっかり補いましょう。

保湿は健康な皮膚を作るので、これだけでも、日焼けしにくい肌に近づきます。

 

~日焼け止めクリーム~

首への日焼け止めクリームは忘れてしまったり、ケチってしまいがちです。

洗い流す時には、お湯でOKのものもあれば、クレンジングが必要なものもあります。

そのまま残しておくと肌荒れをする恐れもあります。

その上にパウダーファンデーションを軽くはたくとさらに効果的です。

 

~スカーフ、日傘~

スカーフは巻くだけで紫外線をカットできるので、

季節問わずおすすめの日焼け防止アイテムです。

UVカット効果の高いもので、おしゃれなものも沢山出ています。

夏の冷房対策にも使えるので、一石二鳥です。

長時間外を歩くときは日傘を使うのも効果的です。

ただし、内側の色が白いものは、アスファルトの照り返しで紫外線を反射して逆効果になることがあるので、選ぶときは注意が必要です。

また、歩く時は日影を歩きましょう。

日向と日影では紫外線強度がなんと4倍も違いますよ。

 

こども時代に外で遊んだ時間など

日焼けの貯金は首の見た目年齢に大きく影響するようです。

今はまだ大丈夫と思っていても、その日焼けが将来命取りになるかもしれません。

早速今日から首ケアを始めてみませんか?

 

 

ページの一番上に戻る