靴擦れ

2018年09月30日

こんにちは。

佐倉市ユーカリが丘にありますルナ整骨院です。

交通事故やむちうちに遭われた方は、ルナ整骨院にご相談下さい。

産後の骨盤矯正の方はキッズスペースやバウンサーなども

ご用意しておりますのでご安心下さい。

駐車場も完備。

お電話またはネットからのご予約お待ちしております。

 

靴擦れの経験は皆さん1度はあると思います。

せっかく気に入って買った靴も、新調したての時は靴擦れで気分も下がって

しまいますよね。

主な症状として、水ぶくれ・出血・痛みでしょうか。

水ぶくれになってしまい放置しておくと、そこから雑菌が入り、

化膿・壊死してしまう可能性もあります。

サイズがあっていない靴や新しい靴、革靴などの素材の硬い靴、

先が細くなっている靴などが特に靴擦れになりやすく、

サンダルやパンプスのストラップ部分も原因一つです。

サイズが合わない靴を履き続けるとタコや魚の目になって

痛みがでてきてしまうこともあります。

他にも、外反母趾、ハンマートゥ(足指の変形)、巻き爪など

骨や爪に影響を与えてしまいます。

特に外反母趾は進行性の病気ですので、放っておくと悪化する恐れが

あります。

そうならないためにも、自分のサイズにあった靴を選ぶことは大切です。

対策としては、あらかじめ靴擦れしやすい箇所に絆創膏を貼るのが定番

ですね。絆創膏を靴側に貼っておくのもいいでしょう。

最近では絆創膏も靴擦れ用のものがとても充実していて、種類も豊富に

そろっています。

パンプスなどの痛みや疲れを緩和するクッションも沢山出ています。

他には、ストッキングや靴下で摩擦を最小限にすると靴擦れが出来にくいです。

石けんやロウを塗るのも効果があります。

靴ではなく足の方に直接塗る場合はワセリンやベビーパウダーがよいです。

靴の方を調節する場合はストレッチャーを使うと良いです。

幅や長さの調節ができます。

このように、靴擦れ防止はお金をそれほでかけずにできますので、事前に

ひと手間で新調したての靴でも靴擦れも心配をせず、ウキウキワクワクした

気持ちで出かけることができますよ。

 

ページの一番上に戻る