靴下を履いて寝るはNG!

2018年11月20日

ハロウィンが終わったかと思うと、次はもうクリスマス!

街中でも、イルミネーション🎄が始まってきています。

子供達にも、

「悪い事したらサンタさん🎅来ないよ~」

なんてついつい言ってしまっている今日この頃です(*’▽’)。

 

みなさま体調はいかがですか??

お身体に関するお悩みがありましたら、ルナ整骨院までご相談ください。

お一人おひとりにあった施術を、ご提案致します。

キッズスペースやバウンサーなどもご用意してありますので、

小さいお子様連れの方にも安心して通っていただけます。

駐車場も5台完備しております。

お電話またはネットからのご予約をお待ちしております。

 

 

みなさんは就寝時に靴下を履いていますか??

これに関しては、意見がはっきりと分かれると思いますが、、、

20代から60代女性の、3割近くは靴下履いて就寝しているようです。

 

でも、健康に良くないので、止めておいたほうがいいとの意見もあります。

靴下を履くと、熱の逃げ道がなくなってしまうというのです。

そのため靴下の中は、蒸れた状態に。

結果、体温調節が上手くいかなくなり、

さらに冷えてしまう、、という話もあります。

 

また、靴下のしめつけによって、血行不良を起こすことも。

血行不良は冷え性やむくみの原因となるので、完全な悪循環だといいます。

湯船にゆっくりと浸かったり、寝る前に温かいものを飲んだりするなど、

靴下以外のアプローチがおすすめです。

 

実際、私も、就寝時に靴下を履く派ですが、

子供の足がしもやけになった時には、

かわいそうで履かせて寝させたりしていました。

でも、これもNGみたいです。

血行が悪くなるのはもちろんのこと、

子供は体温が高いため、大人以上に汗の量は多くなります。

靴下を履いて寝ると、足が蒸れてしまい湿気がこもります。

その湿気が足の熱を奪ってしまいます。

結局、足が冷えてしまうことになるので、

子供に靴下を履かせることは避けた方がいいでしょう。

 

しもやけになった場合は、、、

・寝る寸前にお風呂で温まる

布団に入る前に湯船でしっかりと足と体を温めましょう。

血行をよくするには、お湯と水を交互にかけます。

足まで温まったら、布団に入って早めに寝かせましょう。

 

それでも寒がる場合、、、

お風呂に入っても寝る時になると、足が冷たくなってしまって寒がるお子様には、

五本指の靴下を履かせてみましょう。

できるだけ、締め付けないタイプのものを選び、足を温めて寝かせます。

寝付いてからそっと靴下を脱がせて様子を見ましょう。

 

大人も子供も、、、

体が温かくても布団が冷たいと再び冷えてしまいます。

寝る前に湯たんぽを布団に入れておくと寝付きがよくなります。

湯たんぽが直接足に当たらないように、注意しましょうね。

 

ページの一番上に戻る