雪道の歩き方

2016年11月24日

こんにちは♥ルナ☽整骨院です。

 

今日は朝から雪が。。。

11月の初雪というのは、54年ぶりだそうです。。。

紅葉と雪の不思議なコラボレーションが展開されている所もあるようで、

昼間の温度も1℃位とのことです。

冷蔵庫の中にずっと入ったような気分に襲われます。。。

みなさん、風邪などひかないように。。。

 

雨から雪に変わったと思ったら、雪が積もってきてます。

雪道、転ばないよう気をつけましょう。

ころりと転ぶことで恥ずかしさと痛さで最悪ですよね。。。

 

転びにくい、歩き方は。。。

 

(歩幅を小さくして歩きましょう)

歩幅が大きくなると重心がずれて転びやすくなります。

雪道ではペンギンのように歩幅を小さく歩くと重心が安定し、各段に転びにくくなります。

(靴の裏全体を地面に付けて歩く)

かかと着地よりも、気持ち重心を前におき、

足の裏全体を地面に付ける気持ちで足を出すことで、

より安定して歩くことが出来ます。

(つるつる路面の歩き方は)

小さな歩幅で、地面に足の裏全体をつけて「すり足」のようにズルズルと擦るように歩く。

ただし、「すり足」といっても、完全に地面を擦りながら歩いていると

つまづきの原因にもなるので、軽く足を浮かせて歩きます。

(雪道路面の歩き方は)

足の裏全体を地面に付けて、小さな歩幅を維持しながらそろそろ歩く。

道路の表面に雪の残っているところでは、「すり足」では歩きづらいので、

なるべく小さな歩幅を意識して重心を安定させながら歩きます。

 

 あとは、ちゃんと冬靴をはくこと。

歩き方を意識しても転ぶ人は雪道に適した靴を履いていないことがほとんど。

ヒールなどはもってのほか。

靴底が「深い溝」「ピンや金具」「滑り止め剤配合」「ゴム製」

いずれか当てはまる靴を選ぶのがベスト。

 

 

両手を出来るだけフリーにしたまま、ペタペタと歩幅を小さくして、

きちんと地面に足を付けて歩くのが雪道歩きの鉄則です。

「雪道では小さな歩幅で足の裏全体を地面に付けるよう‟ペンギン歩き”を心がける。

また雪道に適した靴を履き、危険な場所を知り、注意力を保ちながら歩く。」

 

なんと。。。雪が思いのほか、たくさん積もってきてます。。。

皆さん、気を付けて雪道歩いてくださいね。。。

 

 

 

 

ページの一番上に戻る