雨の日 花粉症つらい

2019年03月5日

本日は天気が回復して、いいお天気になりそうですが、

今週は雨の予報もちらほら出ていますね☔

「雨の日は花粉症の人は楽になるのでは?」

と思っている方も多いとは思いますが。

 

そんなことはありません

 

みなさまの中にも、「雨の日の方がつらい」とお話しされている方、

沢山いらっしゃいます。

 

調べてみると、雨の日は花粉が飛散しづらいというのは本当のようです。

それを差し引いても症状が出やすくなるような原因があるのです。

 

雨が降る際に地上に一気に花粉が降りてくる

上空の花粉が雨の降りだすタイミングで一気に地上におりてくることにより、

症状が出やすくなります。

 

気圧が下がると人間の身体はヒスタミンが分泌されやすい

ヒスタミンという物質がかゆみなどを引き起こす原因だそうです。

その物質が分泌されやすくなる事により、飛散量が減っても症状が出やすくなります。

 

・そもそも雨が降っているから花粉が飛んでいないでしょ。といった油断( 一一)

 

結局のところ、雨の日でも晴れの日でも、

花粉対策をしっかり行うことが一番大事ですね♪

 

ページの一番上に戻る