野菜の調理法

2017年01月19日

 

安くて栄養のある野菜をしっかり摂って美肌と健康になりましょう♪

白菜

とにかくボリュームのある冬の野菜です。カットされたものは100円くらいで低価格で1年通して手に入りやすい野菜です。

ビタミンcやカリウムが豊富なので風邪の予防にも。余分な塩分を排出するカリウムも豊富なので高血圧予防にも最適です。

大きな価格変動がなく、ボリューム感で考えると、結構お買い得な野菜です。

昆布のだしで豆腐ネギと一緒に煮てぽん酢で頂くと栄養もあり、ダイエットにもおすす

 

大根

一年をとおしておいしいものが低価格で手に入ります。

消化酵素を多く含み、焼き魚の焦げ部分にある発がん性物質を解毒する働きがあるので、焼き魚んは必ずつけて下さい。

大腸がんの予防に。

緑の葉の部分も栄養が豊富なので細かく刻んで炒め物や、軽く炒めて、ゴマとおにぎりに混ぜるとおいしいですよ。余ってしまったら、大根おろしにして冷凍するのがおすすめです。

 

ピーマン

免疫力を高めてくれるカロテンが豊富。美肌作りにはかかせません☆

緑の色素成分はクロロフィル。ダイエットに抜群です。ビタミンA.C.Eが豊富ピーマンに含まれるビタミンcはレモンの2倍。トマトの5倍はあると言われています。これらのビタミンは加熱調理しても壊れにくく、加熱によりピーマン独自の苦みや臭いがやわぎます。またカロテンの吸収もアップしますのでどんな料理でmo

栄養バランスよく食べることができます。

赤ピーマンは緑のピーマンが完熟したものでビタミンなどの栄養価の2~3倍いアップ。

特にベータカロチンは赤ピーマンに多く含まれます。

特売など安いときに勝手、刻んで固めい塩ゆでしたら冷凍庫で保存するのもおすすめです。

 

スプラウト

植物の新芽、スプラウトには成熟した野菜よりもはるかに栄養素が含まれます。

特にブロッコリースプラウトはスルフォラファンが豊富で、がん予防にも。カイワレ大根は低下価格で手に入れやすいのでおすすめです。

 

 

ブロッコリー

旬は冬ですが、1年中手に入れやすい野菜です。

アブラナ科の野菜で抗がん作用が高いと注目されています。抗酸化作用が期待できるスルフォラファン、βカロテンが豊富。毎日でも食べたい野菜です。

 

チンゲン菜

アブラナ科の野菜、チンゲン菜にはがんの発生を抑えるイソチオシアネートや発がん物質を解毒づる成分が含まれています。

週に3回ほど食べれると良いでしょう。油で炒めることでビタミン、ミネラルの吸収が高まります。

多少変動があるので安いときに買い、カットしてそのまま冷凍がおすすめです。

 

野菜には色々な栄養が含まれていますがその中でも得に栄養が多く含まれているのが、ビタミンと食物繊維です。

ビタミンは肌y神を美しく保つ効果や新陳代謝を活発にする効果があります。

野菜を食べると便秘が改善するのは野菜に含まれる食物繊維おかげ。

ビタミンは色々な種類があります。

ビタミンCをはじめ、A.B.Dなどがあります。

これらのビタミンは水溶性と脂溶性に分けられ、分かりやすく説明すると、水に溶けやすいビタミンと油に溶けやすいビタミンがあります。

脂に溶けるというと揚げたり、炒めたりという形になります。

その調理の中でビタミンが溶けだします。

水溶性ビタミンは水に溶けやすいビタミンです。おひたしのようにゆでて調理するとゆで汁の中に栄養素が溶けてしまいます。

栄養素をしっかりと摂るにはおすすめの調理法があります。

ビタミンADKEは脂溶性ビタミンなので脂と相性がいいので揚げたり、炒めるのがおすすめです。

ほうれん草、かぼちゃ、ニンジンなど緑黄色野菜と呼ばれる色の濃い野菜の事です。

 

ビタミンBCは水に溶ける性質があります。

長時間ゆでたり、水にさらしたりするとビタミンが流れ出してしまします。

またビタミンCは熱に弱いので生で食べることをおすすめします。

レタスやキュウリです。

また、緑黄色野菜にもビタミンBやCも含まれています。サラダや野菜炒めなど調理法を変えるのも良いでしょう。

また、蒸し野菜も優秀です。ゆでるわけではないので、ビタミンが流れ出すこともありませんし、油で余計な

油を摂ることもありません。蒸し器がなくても電子レンジでラップをかけてチンしたり、軽く油をひいて水を入れ、大きめのフライパンで蓋をして蒸してもOKです。

油を控えたい場合は一度野菜を蒸してから、油で調理すると好きな油でもおいしく仕上がります☆

ほうれん草などのあくの強い野菜は蒸し料理には向きませんので気を付けてください。

カット野菜はさっと洗ってからつかいましょう。

長時間水にさらすと栄養が流れてしまいます。

また、野菜は加熱するとかさが減ります。たくさん食べたい時はサラダなどよりも蒸し野菜や火を通したものの方がたくさん食べれられます。

野菜スープなどたくさん作ってしまった時は1日目をコンソメ、2日目はトマトを入れてトマトスープ。

3日目はカレールーを加えてカレースープにすると味も変わってたくさん食べられます。

ページの一番上に戻る