腸脛靭帯炎

2018年11月7日

 

腸脛靭帯炎は、一般的にジョギングやマラソンなど長距離を走る人に現れることが多いことから、ランナー膝と呼ばれています。

原因としては典型的な使い過ぎ(オーバーユース)症候群のひとつです。

腸脛靭帯炎は、大腿筋膜張筋という筋肉が大腿骨外側の突出部にこすれることにより、痛みが生じる病気になります。膝がO脚の人や足関節が回外足など下肢のアライメント(骨や関節の並び方)に異常がある人の発症が多いとされています。また、発育期で骨の成長に筋肉、筋膜の成長が追い付かず、筋・筋膜の緊張が強い人にも症状が出やすいとされています。

・症状の現れ方

初期は、長距離を走った後に膝外側部に疼痛が生じます。進行すると膝の屈伸に伴って疼痛が生じてランニングは困難になり、さらに進行すると歩行や階段昇降などの日常生活動作でも疼痛が強くなります。

 

・検査と診断

ランニングに伴う膝外側の痛みであり、膝を軽く曲げて腸脛靭帯を圧迫すると強い痛みが再現できます(グラスピングテスト陽性)場合にこの病気と診断されます。レントゲンやMRI検査では異常は認められません。

・治療方法

基本は保存療法で、急性期ではランニング(特に下り坂の走行を禁止することが有効)の制限などで安静にし、アイシングを行います。ステロイド薬の局部注射は効果がありませんが、腱の断裂の誘因になるのでおすすめできません。

多くの場合はトレーニングのやりすぎによる発症のであるため、安静にしていれば症状が軽快することが多いとされています。

・予防策

予防としては、足底装具の装着や腸脛靭帯と股関節周囲筋群のストレッチです。発症後は、オーバートレーニングの防止のためにトレーニングメニューの変更をおすすめします。

 

 

佐倉市ユーカリが丘ルナ整骨院鍼灸院|お問い合わせはこちら

ルナ整骨院鍼灸院電話番号043-308-3373

トップへ戻る

エステサロンDiana。フェイシャルエステ、痩身ボディ、美容鍼、ブライダルエステを、ぜひご体験ください!