脱水対策

2018年04月23日

こんにちは!!

ルナ☽整骨院です。

こちらはは、GWも休まず営業しておりますので、お気軽にお問合せください。

 

皆さまはGWの予定は決まりましたか??

この4月~6月の気温は平年に比べて高くなるみこみだそうです。

脱水対策は通常、暑い夏の熱中症予防の位置づけですが、

今年は今から注意しておいた方がよさそうです。

 

脱水症状のサインを覚えておきましょう

~乳幼児~

・機嫌が悪い

・目が落ちくぼむ

・唇や皮膚が乾燥する

 

~幼児・成人~

・立ちくらみ

・めまい

・失神

・けいれん

・吐き気

・頭痛

・手足がつる

 

~高齢者~

・食欲がない

・眠ってばかりいる

・幻聴や幻覚を訴える

・体重が減る

 

室内でもこんな場合は注意!!

・高血圧の薬などを服用している

・お酒を飲む

・冷房を使っているからと水を十分にとっていない

 

脱水症状の防ぎ方

こまめに水分と塩分をとりましょう

子供~高齢者 500~1000ml

幼児     300~600ml

乳児(食事を除く)体重1㎏あたり30~50ml

 

◎食事をしっかり摂る(みそ汁やスープは塩分もしっかり摂れるのでgood!!)

◎適度な運動で筋肉をつける(十分な水分を蓄えられる体にしましょう)

◎外出時に経口補水液を飲む(糖分が多いので飲み過ぎには注意して下さい)

 

季節の変わり目は自律神経のバランスが崩れ、暑さに順応しにくくなります。

これからの季節、脱水症状の対策をしっかり行っていきましょうね。

 

 

 

 

 

 

ページの一番上に戻る