糖質バテ

2018年06月13日

 

 

ルナ整骨院では痛みのある部位の施術はもちろん、

姿勢を切り口にしたケガの予防、

体質改善などのアドバイスも行っております。

 

慢性的な腰痛で悩まれている方、

ひどい生理痛で毎月ウンザリな方、

左右の肩の高さが違う方などは、骨盤矯正。

 

お悩みに合わせて、鍼灸の施術なども行っております。

 

駐車場4台完備。

交通事故やむちうちの施術も行っておりますので、

ルナ整骨院までご相談くださいませ。

 

 

日差しもすっかり夏を感じさせるこの頃。

夏の大敵、夏バテを心配に思っている女性も多いのではないでしょうか。

しかし、この夏注意したいのは。。。夏バテならぬ、糖質バテ。

夏の生活習慣によって起こる糖質バテとは。。。?

 

 

(食後の倦怠感に要注意!糖質バテとは。。。?)

クーラーが効いた部屋にこもっていたり、

暑い夜、寝苦しくて睡眠不足が続いたり、

夏バテは、誰しもがきっと経験のある、

夏ならではの体調不良です。

 

では、しっかりと食事を摂り、体温調整に気を付けていれば、

全身の倦怠感や食欲不振に陥ることはないのでしょうか?

 

実は、一見夏バテ対策ができているように見えても、

血糖値がコントロールできていないと夏バテのような

疲労感を感じることがあります。

これが、食事による急な血糖値の上昇、

下降が原因となって引き起こされる糖質バテなのです。

 

糖質バテを引き起こす可能性のある人は,下記の通り。

一つでも当てはまったら注意が必要です。

 

①暑くて食後は体を動かさないことが多い

②1日のうち8時間以上、冷房の部屋で座っている非が多い

③缶ビールを毎日2本以上飲む

④冷たい麺類だけで食事を終わらせてしまうことが多い

⑤食後にアイスクリームなど甘いものを頻繁に食べる

⑥1日に摂るカロリーのうち、6割以上を1回の食事で摂っている

⑦食後、眠くなることがたびたびある

⑧寝苦しくて睡眠不足、寝不足になっている

 

注目したいのは、寝不足、冷房の部屋に長時間いる などの

夏バテの原因になりうる項目だけでなく、

食生活や食後の行動に関連する項目です。

 

これが、急な血糖値上昇・乱降下を引き起こす原因になりうるのです。

 

暴飲暴食をしないよう心がけ、

規則正しい生活、健康的に生活していきましょう。。。

 

 

 

 

ページの一番上に戻る