節分

2018年01月28日

こんにちは♥ルナ☽整骨院です。

ルナ整骨院では、交通事故の施術も行っておりますので、

お困りの際はご相談ください。

 

もうすぐ「節分」ですね。

節分といえば、「鬼は外!福は内!」と言いながら豆まきを思い出しますが、近年、恵方巻を取れ入れる家庭が増えています。

恵方巻を百貨店やスーパーで予約した方もいらっしゃるのではないでしょうか。。。!?

恵方巻の特徴は何といっても食べ方。

1.太巻きをひとりにつき1本準備する

福を巻き込むことから巻き寿司。縁が切れたり、福が途切れたりしないよう、包丁で切ってはいけません。七福神にあやかり、7種類の具が入った太巻きが望ましいとされています。

巻き寿司を鬼の金棒に見立て、それを退治する意味もあるとか。

2.恵方を向く

恵方とは、その年の福徳を司る歳徳神のいる方角で、その方角に向かって事を行えば何事も吉とされています。2018年の恵方は、南南東やや南です。

3.願い事をしながら、黙々と最後まで食べる

しゃべると運が逃げてしまうので、食べ終わるまで口をきいてはいけません。さらに、目を閉じて食べる、笑いながら食べるという説もあります。

なかなかみんなで同じ方向を向き、黙々と太巻きを食べる光景はお茶目ですよね。

自然と笑いながら食べてしまいそうです。

呼び方もいろいろあって、

恵方を向いて食べる寿司なので「恵方巻」、丸かぶりするので「丸かぶり寿司」、この他にも「幸福巻」など地域やお店によって様々な呼び方があります。

昔からの伝統行事として恵方巻に親しんでいる人もいますが、それ以外の方も多いはず。

ここまで人気が出た理由のひとつが、家庭行事を仕切る主婦の♡をつかんだからかもしれませんね。

太巻き1本を丸かじりするわけですから、もうそれだけで満腹です。

さらに、豆を食べたり、福茶を飲んだりする方もいるので、立派な食事になります。

家庭で作る方も多いとは思いますが、市販のものはいろいろな種類があって選ぶ楽しみもあり、夕飯を購入するうしろめたさもありませんから、主婦には嬉しい限りですね。

また、現在の住宅事情では豆まきをするのも容易ではありませんし、一緒に楽しめる人(特に子供)がいないと、豆まきする気もおきない為、季節の行事を楽しみたい層にはぴったりですね。

今年の恵方巻、どんなものを購入しようか、今から楽しみです(^_-)-☆

 

 

ページの一番上に戻る