筋肉に良い食べ物

2018年05月21日

肩のコリ、腰痛のことでしたら佐倉市ユーカリが丘にありますルナ整骨院までご相談下さい。

姿勢分析からきちんと施術していきます。

産後の骨盤矯正もやっております。

駐車場完備、キッズスペースも用意してありますので、お気軽にお電話ください。

 

薄着の時期が近づいてきました。

ダイエットしなくちゃっ(>_<) と焦っていませんか?

ダイエットしたいから食事の量を減らしているだけではダメです!

ダイエットには、体を動かす有酸素運動と筋肉量を維持する筋トレも

絶対に欠かせません。

そこで今回は短い時間でも筋トレ効果が上がるような食事を

紹介していきたいと思います。

 

1.鶏の胸肉

ダイエット中に食べたいタンパク質の代表ですね。

低カロリー高タンパクで筋肉量アップには欠かせません。

2.豚肉 (赤身)

豚肉は代謝に欠かせないビタミンB1を含んでおり、

鶏の胸肉と並んで食べてもらいたい食品です。

モモやロースなど赤身が多い肉を選びましょう。

3.サバやアジ (青魚)

魚介類は良質はタンパク質を摂ることが出来ます。

4.大豆製品

大豆製品は良質な植物性タンパク質を摂れる食品です。

・納豆・豆腐・厚揚げ・豆乳など。

5.卵

卵はアミノ酸がしっかり摂れる食材です。

6.緑黄色野菜

ビタミンはタンパク質や脂質を代謝する為に欠かせない成分です。

野菜のなかでも緑黄色野菜を積極的に摂りましょう。

7.低脂肪牛乳

牛乳はタンパク質とカルシウムが効率よく摂れる食品です。

筋トレの為に飲む場合、低脂肪か無脂肪にしましょう。

8.発芽玄米

エネルギーとして炭水化物も必要です。

パンやパスタはカロリーが高いので、発芽玄米にしましょう。

白米よりも栄養価が高く、食物繊維も豊富です。

9.良質な植物油

エネルギー源にもなり、ビタミンA、ビタミンEなどの摂取を高めます。

10.アーモンド

ナッツ類は良質なタンパク質です。

食物繊維も豊富ですし、運動の前後には最適です。

 

必要な食材を紹介しましたが、摂る量について補足しておきますね。

・タンパク質は体重の2倍

・脂質総カロリーの1/4

・炭水化物は残りのカロリー

これは、筋トレをしている人たちの参考にしている食事法です。

体重60㎏の場合 タンパク質120g

        脂質450カロリー

        炭水化物870カロリー

となります。

ご飯は1膳250カロリーぐらいなので、3食は大丈夫ですね。

あなたの身体に合った摂取量を考えてみて下さいね。

運動前は炭水化物を、運動後はタンパク質を摂るのがいいですよ。

筋肉をバランスよくつくように、栄養バランスを考えて食事を摂りましょう。

引き締まったボディーを手に入れられますよう頑張ってください。

 

 

 

ページの一番上に戻る