突然死を招く冬バテ

2018年01月31日

こんにちは♥ルナ☽整骨院です。

 ルナ整骨院では、交通事故の施術も行っておりますので、

お困りの際はご相談ください。

 

「夏バテ」と聞いたら、体のだるさや食欲減退などの症状でお馴染みでよく耳にする言葉ですが、「冬バテ」というのがあることはご存知ですか?

本当に気をつけるべきは、この冬バテらしいです。

夏場に起こる夏バテは、寒暖差が原因で、交感神経が活性化してリラックスを促す副交感神経が働かず自律神経バランスを崩し、倦怠感や胃腸の不調など体調不良が起こります。

冬バテもメカニズムは同じですが、四季の中で最も寒暖差が大きいため、多くの冬バテ患者を生み出す上、夏バテよりも症状が多彩で深刻な事態に陥ることが多くなります。

冬バテは、寒暖差による倦怠感や胃腸不調のほか、代表的なものは鼻炎です。「寒暖差アレルギー」とも呼ばれます。熱もなく風邪を引いたわけでもないのに、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が出ます。3℃の差で咳が出やすくなり、10℃な差になると、このアレルギー症状が見られます。こうした状態が続くことによって、倦怠感や疲労感が募っていきます。このような冬バテ状態になると免疫力も低下して様々な病気を引き起こします。

冬バテが厄介なのは、原因が自律神経だけではなく、血管にもあることです。

ここに夏バテとの大きな差があるのです。血管は暑いと弛緩し、寒いと収縮しますが、後者の状態が続くと血行が悪くなります。結果、手足の冷え、むくみ、肩こりや頭痛の症状が出てきます。血行不良で血圧が急上昇することで、脳や心臓への影響も心配されます。

寒暖差が激しい日は、「脳梗塞」のリスクも高まります。

寒暖の差によって、血栓ができ血管が詰まってしまうからです。血圧が急に上がってしまうと、血管の壁が耐えきれなくなってしまうのです。若い人でしたら血管がしなやかで丈夫なのでなんとかなりますが、高齢になるほど血管ダメージが大きいので気を付けて下さい。

そんな冬バテを防ぐために水分をきちんと摂って、血流の流れを良くしましょう。寒いからと水分を摂ることを怠りがちですが、冬でも呼吸はしますし汗もかきます。血流が悪くなると血管の負担も大きくなりますので、意識して水を飲むようにしましょう。

 もう一つは、呼吸法を意識して副交感神経を優位にして、自律神経を整えると良いです。通常息を   吸う時間と吐く期間の割合は1対2ですが、これを1対3や1対4になるように、吸った息を長くゆっくり吐く呼吸を30秒~1分間くらいやるだけで効果があります。
 
気温が低く、寒暖の差が大きい日は冬バテに特に注意して下さい。

 

 

ページの一番上に戻る