玉ねぎの栄養と効能

2017年12月29日

んにちは♥ルナ☽整骨院です。 

ルナ整骨院では、交通事故の施術も行っておりますので、

ご相談ください。

 

~年末年始のお知らせ~

12月29日(金)は営業時間9:00~13:00です。

12月30日(土)~1月2日(火)までお休みさせていただきます。

お間違えのないようお願い致します。

1月3日(水)から通常営業となります。

 

皆さんの好きな野菜は何ですか?

私は、玉ねぎが一番好きです。生野菜でも煮物でも炒めても

どんな料理方法でも大好きです。

玉ねぎの栄養と効能をお話ししたいと思います。

栄養としては、ビタミン類とミネラル類で決して多いとは言えません。

その代わり、ポリフェノールの一種であるケルセチンや、イオウ化合物である硫化アリル

というあまり聞きなれないかもしれませんが、とても体に良い成分が入ってます。

ケルセチンは強い抗酸化作用を持っていて、血管をしなやかで丈夫なものにしてくれます。

そのほか、血液をサラサラにし、血流を良くしてくれます。

さらに、悪玉コレステロールを減らしてくれたり、脂肪の吸収を抑える働きもあります。

ケルセチンの効能

  • 強い抗酸化作用を持つ
  • 血管をしなやかで丈夫に
  • 血液をサラサラにする
  • 悪玉コレステロール減らす
  • 脂肪の吸収を抑える

硫酸アリルは、玉ねぎを切る時に目が痛くなっり、独特なネギ臭さや辛みのもとです。

ニラ、ニンニク、長ネギなどにも入ってます。

硫化アリルには、アリインと酸化プロピルに分かれていて、

この、硫化プロピルは血液がサラサラになります。それに伴い、

 

  • 血圧が下がる
  • 脳卒中・心筋梗塞の予防
  • 動脈硬化の予防

などにも繋がります。

他にも血液中の余分な糖や脂質を減らす働きがある事から、

  • 糖尿病の予防
  • 中性脂肪値を下げる効果

も期待できます。

そして、硫化プロピルはビタミンB1の吸収を促すので、
豚肉などと一緒に取ればB1の効能である、

  • 疲労回復や食欲増進
  • 不眠
  • イライラ

などの改善にも繋がります。

 

血液サラサラ効果は、加熱した時の方が大きいといわれています

 

 

 

ページの一番上に戻る