熱帯夜対策

2018年07月4日

ルナ整骨院です。

骨盤矯正、猫背矯正、鍼灸での施術、美容鍼などの施術を行っております。

お身体に関するお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください。

キッズスペースやバウンサーなどもご用意しておりますのでご安心ください。

ベビーカーのまま入っていただくことも可能です。

お電話またはネットからのご予約お待ちしております。

 

寝苦しい夜が続いていますが、みなさんはよく寝られていますか?

私は、ここ数日、朝起きるとだるくて、喉も痛くて、体調がいまいちでした。

これから夏本番を迎えるのにこれではマズイと思い、

睡眠環境を整える方法を調べてみました。

 

まずエアコンの使い方が大切です。

むやみやたらに温度や湿度を低く設定するのは危険です。

温度を低く設定し過ぎると、就寝中に寒さを感じ血管が収縮して、

結果的に体に負担がかかり疲れやすくなります。

また湿度も低くなりすぎると、乾燥を招き、喉などが痛くなる原因になります。

エアコンの設定温度は27~28度がおすすめです。

湿度は50パーセントぐらいを目安にしましょう。

扇風機との併用は、扇風機の風を壁に当てて、

間接気流をつくると冷えすぎなくていいでしょう。

 

次に、タイマーを上手に使いましょう。
寝る1時間前にエアコンをつけ、睡眠環境を整えます。

寝苦しくて、何度も起きてしまうのを防ぐため、

一晩中エアコンをつけてしまってもいいでしょう。

ただし、温度は28度程度で、風量は弱風か微風です。

エアコンの種類や部屋の広さで変わってきますので、

上手に調節してみてください。

そしてここがポイントです。

起床1時間前にエアコンが停止するようにタイマーをかけます。

エアコンが停止した時から室温とともに体温が上昇していきます。

こうすることで、体調を崩すことなく、目覚めの良い朝を迎えられますよ。

 

この方法を実践して、多少暑いかな?と感じながらも、体調は整ってきました。

エアコンのせいで、朝起きて調子が悪いなぁと感じる方は

是非試してみてください!!

 

 
 
 

ページの一番上に戻る