活性酸素

2018年09月15日

今年は台風が量産されているようで。。。

気圧の関係?で腰が痛かったり、肩が凝ったりと、

体の不調が現れやすいのでは。。。

ルナ整骨院では、痛みのある部位はもちろん、

姿勢を切り口にしたケガの予防、

体質改善などのアドバイスも行っております。

全施術室がセミ個室になっております。

小さいお子さんも安心。

キッズスペース完備しておりますので、

リラックスして施術が受けられます。

 

 

 

さて。。活性酸素とは。。。

 

呼吸により体内に取り入れられた酸素がエネルギーになるとき、

一部の酸素は化学反応により活性酸素になります。

この活性酸素は、最近などを排除する作用もあり、

人体に必要なものです。

しかし、活性酸素が過剰に発生してしまうと

正常な細胞も傷つけてしまい、

肌、血管、心臓など、体のいたるところを酸化し、

老化を早めるのです。

また、激しい運動、ストレス、喫煙、紫外線、

食べ過ぎや飲み過ぎ、食品添加物、大気汚染、電磁波、

放射線なども活性酸素を発生させる要因。

若さを保ち、年齢を感じさせない健康と美容のためにも、

活性酸素を過剰に発生させない生活を心がけたいですね。

 

 

老化を早めてしまうと言われている活性酸素による酸化は、

どうしたら防げるのでしょうか。

実は、人間の体には、もともと活性酸素を取り除く力

抗酸化パワーが備わっています。

しかし、年齢とともにその力は衰えていき、

40歳を超えたあたりで、急激い低下すると言われています。

そうなると、自力で活性酸素を取り除くことが難しくなり、

老化を加速させるだけでなく、

さまざまな生活習慣病を引き起こす要因にもなると考えられています。

現代の生活は、ストレス、食べ過ぎ飲み過ぎ、紫外線など、

活性酸素を発生させる要因にあふれています。

低下した抗酸化パワーを補うために、

食事などで抗酸化物質を摂り、

活性酸素の発生を抑制することが

老化や生活習慣病を防ぐことにつながるといえるでしょう。

 

 

ページの一番上に戻る