気象の変化で頭痛やむくみなどは。。。気象病かも?

2019年03月9日

 
ルナ整骨院では。。。
 
専門化による、きめ細かい聞き取りで、
 
骨盤矯正、姿勢分析、猫背矯正、顎関節矯正、灸、鍼など
 
お客様の状態に合った、施術を行っております。
 
また、産後の骨盤矯正希望の方は、
 
キッズスペースやバウンサーなどもご用意しておりますし、
 
全施術室がセミ個室になっておりますので、
 
リラックスして施術を受ける事も出来ます。
 
駐車場も5台完備。ネット予約も随時受付中です。
 
是非、一度、ルナ整骨院にお越しください。
 
 
 
さて。。。
 
皆さんは、天候と共に体調を崩したことはありませんか。。。?
 
気圧が下がって天気が崩れ前日よりかなり気温が、低下する、
 
乾燥注意報が出るほど湿度が下がるといった
 
気象の変化で症状が悪化するのが気象病の特徴です。
 
特に、女性は気象の影響を受けやすく、
 
頭痛、むくみ、めまい、耳鳴りなどの症状が出やすいのです。
 
天気痛外来にみえる患者さんの約8割は女性だそうです。
 
 
 
女性は筋肉量が少ないうえにオシャレなどで、薄着になるため、冷え症が多く、
 
頭を支えきれずに肩凝りや首凝りが多いようです。
 
PMS(月経前症候群)では偏頭痛だけでなく
 
イライラや落ち込みといった精神症状を訴える人が多く、
 
40~50代になれば更年期障害で、
 
のぼせ、ほてり、めまい、頭痛、全身倦怠感などが何年も続くのです。
 
そうした症状が気圧や気温の変化で増幅されるのです。
 
 
 
 
 
では。。。
 
こういった症状を軽減することはできるのでしょうか。。。?
 
体が冷えて症状が重くなっていることが多いので、
 
毎晩、お風呂でぬるめのお湯(40℃前後)に10~15分ほど浸かり、
 
体を温めてから眠ってください。
 
とにかく、手首、足首、胸首を冷やさないことです。
 
この3か所は、動脈が体表近くを通っているため、
 
ここを冷やすと体温が低下します。
 
この3か所を冷気から守ってくださいね。。。
 
 
 
足首、手首、胸首を温めると肩凝りや首凝りの予防にもなります。
 
 
 
気象病かもしれないと思う人は、
 
特に天気予報で☔や気温低下など天候悪化の予報が出たときは、
 
体を冷やさないよう温かい服装を心がけましょう。。。
 
 
 

 

 

 

 

佐倉市ユーカリが丘ルナ整骨院鍼灸院|お問い合わせはこちら

ルナ整骨院鍼灸院電話番号043-308-3373

トップへ戻る

エステサロンDiana。フェイシャルエステ、痩身ボディ、美容鍼、ブライダルエステを、ぜひご体験ください!