毛布の正しい使い方

2018年01月14日

こんにちは♥ルナ☽整骨院です。 

ルナ整骨院では、交通事故の施術も行っておりますので、ご相談ください。

毛布と羽毛布団は、どういう順番でかけていますか。

順番が違うと保温効果が激減してしまいます。

毛布と羽毛布団は、寒い冬の強い味方です。しかい、使い方によっては、あまり暖かく眠れないこともあります。

羽毛は体温で暖められると膨らんで、保温性を発揮します。ところが、体と羽毛布団の間に毛布があると、羽毛が十分に膨らまず、保温性が落ちてしまいます。なので羽毛布団を内側に、その上に毛布をかけることで、暖かく眠ることが出来ます。また、体の熱は上からだけでなく、下からも逃げていきます。敷布団の上にも毛布を敷いて眠るとそれを防ぐことができ、保温効果が高まります。

多くの人が使っている化学繊維の毛布は、吸湿・放散の効果が弱いので、寝床の中に湿気がたまりやすくなります。そのため、かえって体の熱を奪ったり、汗でむれて不快に感じたりすることがあるので、注意が必要です。

毛布の代わりにタオルケットでも同じ効果があります。

タオルケットは夏だけでなく、冬にも活躍します。上にかける毛布が重い場合は、毛布に替えてタオルケットをためしてみてください。

羽毛布団の上に重い毛布をかけると毛布が十分に膨らまず、保温効果を発揮できません。そんなときは毛布をやめて、タオルケットを羽毛布団の上にかけてください。羽毛布団にたまった熱が逃げるのをタオルケットが防いで、暖かく眠れます。

また、タオルケットを敷布団の上に敷くのもすごく良いです。タオルケットは吸水性が高いので汗や湿気を吸い取ってくれます。さらに、パイル糸には多くの空気が含まれているので、保温力も期待できます。

電気毛布や電気敷布を手放せない人もいるかとは思います。電気毛布や電気敷布は一晩中つけっぱなしにせず、寝る1時間ほど前から布団を温めたら、寝る時は切るようにしましょう。

私たちの体温は寝ているあいだに下がり続け、目覚める少し前に最低となり、その後、上昇して目が覚めます。
電気毛布や電気敷布をつけっぱなしにしておくと、体温の自然な変化が妨げられます。そうなると睡眠の質が悪くなり、目が覚めたときに疲労感が残ったりすることがあります。なので質の良い睡眠をとるためには、寝床に入る時に、電気毛布や電気敷布の切ることをおすすめします。

 

 

 

ページの一番上に戻る