正しい日本語

2017年10月29日

こんにちは♥ルナ☽整骨院です。

こちらでは、交通事故施術も行っておりますので、是非、お越し下さい。

 

娘の通っている幼稚園で、

先生    最近、「やばい」ってみんな使っているけどどういう意味?

園児達  「知らな~い」

先生   「そうだよね。みんな使っているけど、知らないのに使うのは変だよね。

      きれいな言葉を使うように気をつけましょう」

というやりとりがありました。

そこにいた保護者達はみんなドキッとしてしまいました。

今は大人が正しい日本語を使えない時代ですよね。

 

日本人として生まれたからには、日本語の美しい響きを大切にしていきたいものです。

正しい日本語を使うと素敵な事が沢山あります。

・正しい言葉遣いは正しい姿勢を生む

言葉を丁寧に選ぶことによって、人を敬う気持ちが生まれます。

また正しく美しい言葉遣いを心がけることで、姿勢も自然と真っすぐになるものです。

・コミュニケーション能力がアップする

正しい日本語で、ゆっくり、丁寧に話すことを心がけると、相手に気持ちが伝わりやすくなったり、信頼感が生まれやすくなったりします。

会社内や近所同士の人間関係に疲れ気味の人にこそ、正しい日本語を使って、円滑な関係をつくりあげてほしいものです。

・品格が高まる

「超」「やばい」「ウケル」「マジ」など、いわゆる若者言葉といわれる表現、皆さんも無意識に使っていませんか?

若者言葉を正しい表現にするだけで、瞬く間に日本語の響きが美しくなり、女性としての教養や品格の高さが感じられるようになります。

・自信が持てるようになる

言葉遣いが丁寧であれば、相手に対する姿勢や話し方にも変化が表れます。相手に伝わるように話そうとすることで、話す速度や声のトーンにも注意できるようになり、それによってワンランクアップした自分を感じられるでしょう。

 

家族や友人との普段の会話や言葉遣いから、日本語を見直してみるのも方法の1つですね。

お子さんのいる家庭では、特に注意したいですよね。

「子は親の鏡」です。

正しい日本語と美しい言葉遣いを身につけましょう。

 

 

ページの一番上に戻る