歓送迎会でお酒を飲む機会が多くなりますね…

2019年03月5日

すっかり春らしくなってきましたね。

3月4月は歓送迎会に呼ばれることが多くなる時ですね。

送られる人、迎えられる人、その周りの人達と思いは様々ですね。

どの立場であれ、楽しく心に残る会にして下さいね。

羽目を外して違った意味で忘れられない会になったりする人も

ちらほらいらっしゃるかもしれませんが。。。(^^;)

今日はお酒の席で起こる「頭痛」についてのお話です。

そもそも何故頭痛がおこるのか?ですが、

「血管の拡張と収縮」が原因です。

血管が拡張すると、痛覚神経に触れて頭痛が起こるという訳です。

 

トイレが近くなるのもアルコールによる利尿作用で起こる現象です。

これにより体内の水分が失われてしまいます。アルコールの分解にも

水分を必要としますので、血管内は血流が悪く、一生懸命血液を流そうと

血管は拡張し、結果痛覚神経に触れ、頭痛が起こるのです。

 

お酒による頭痛は、血管を縮ませる必要がありますので冷やしましょう。

冷たいタオルで痛みを感じる部分にあてるといいですよ。

これは二日酔いの場合にも良いです。

 

頭痛にならない対策としては、

お水を一緒に飲むこと。

カフェインは血管を収縮させるので、緑茶やコーヒーも

いいかと思います。

アルコールを分解する肝臓では、糖質を使ってアルコールを分解するので、

大量飲酒により、糖が枯渇してしまうと低血糖状態になり頭痛の原因にもなります。

フルーツジュースなどで糖分を補うといいですね。

お酒による頭痛にお困りの人は是非お試しあれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの一番上に戻る