成田山新勝寺の紅葉

2016年11月21日

こんにちは♥ルナ☽整骨院です。

 

全国のあちこちで、紅葉前線の声が聞こえてきています。

成田山新勝寺もいよいよ‟紅葉まつり”が11月12日(土)~27日(日)開催しています。

成田山新勝寺 大本堂の奥にある165,000平方メートルもの広大な広さを誇る成田山公園は、

春の訪れを告げる梅、桜、そして新緑と秋の紅葉、雪景色など、四季折々の表情を楽しむことが出来る

憩いの場として、成田山をご参詣の皆様や市民から大変親しまれています。

この成田山公園の趣ある紅葉を是非皆様に楽しんでいただこうと、成田山公園紅葉(もみじ)まつりは

平成12年より始められ、今年平成28年で17回目を迎えます。

成田山公園は、昭和3年に完成しました。

自然が織り成す四季を通じて変化に富んだ、

日本庭園ならではの情緒豊かな風景を作り出し、野鳥や虫たちのオアシスとなるほど

自然に近い状態の公園として幾年もの間、大切に守られてきました。

完成から80有余年を経て、立派に成長を遂げた公園内の樹木は、枝を広げ葉を茂らせて、

今まさに庭師が思い描いたイメージを実現したかのように円熟の時を迎えようとしています。

特に樹々が色づくこの季節は、見る場所を変えるたびに赤や金色の彩りが微妙に変化して、

それぞれが日本の秋の美しさを表現する一服の絵画を見るようで、見る人を飽きさせません。

モミジ、クヌギ、ナラ、イチョウといった約250本の樹木の葉は、例年11月半ばから12月上旬に

赤や黄色に色づき、池の水面に映し出された様子は雅やかで、

時間がゆっくりと感じられ、来園者を楽しませています。

成田山公園紅葉まつり期間中の土・日・祝日には、様々な催しが開催され、

皆様も、生きを呑むほどに見事な成田山公園の錦秋の風景を是非とも御覧になり

その美しさを存分に堪能なさってはいかがですか。

深まり行く成田の秋を見つけに、是非お出かけください。

 

 

 

 

ページの一番上に戻る