常備薬

2017年05月17日

こんにちは♥ルナ☽整骨院です。

ルナ整骨院では、交通事故の施術も行っておりますので、ご相談ください。

 

若者を中心に常備薬の習慣がなくなってきてるそうです。

薬箱を持っていない人は約3割。

常備薬は医療費節約の第一歩だそうですよ。。。

 

最近の調査によると、1人当たり1年で医者にかかる回数は約12回、

かかる医療費は30万円以上といわれています。

必要経費とわかっているものの、家計を逼迫させることには変わりありません。

だったら、病気にきちんと備えて、通院回数を減らしませんか。。。?

 

2018年度から新たな「医療費適正化計画」がスタートします。

13年連続で上がり続ける医療費を削減するために、

各都道府県での医療費の地域差を是正する計画などを、国と都道府県が策定しています。

ちょっと風邪をひいて薬をもらいたいと病院に行くと、

診察料と薬代で2000円くらいかかってしまいます。

なるべく医者にかからないようにすれば、医療費は削減できるのですが。。。

そのためには、まずは自分で治すための備えをしておかなければ。。。

薬箱を用意しておくだけで、健康管理のしやすさが格段に変わります。

あなたの家に薬箱はありますか?

手軽に薬が手に入るようになった昨今、

若者を中心に常備薬の習慣がなくなりつつあるようです。

常備薬が自宅にないと、いざと言う時に処置できません。

自分の体の声を聞き、まずは自分で治したり管理したりしようとしなければ、

簡単に治る病気でも、医者に頼ることになってしまいます。

体に合った薬が常備されていればある程度は自分で症状を治せるのです。

適切な薬を自宅に常備することが、通院回数を減らして、

医療費を節約することにつながるのです。。。

 

ページの一番上に戻る