寝だめ

2018年06月16日

最近。。。体の調子が悪い。。。

腰痛、肩こりなど、体のあちこちが痛かったり。。。

一人で悩んでいる方、多いのではないでしょうか。。。?

ルナ整骨院へお越し下さい。

痛みのある部位の施術はもちろん、

姿勢を切り口にしたケガの予防、

体質改善などのアドバイスも行っております。

その他、交通事故の施術も行っております。

 

 

今まで、不足した睡眠時間を取り戻す行為は無駄と言われてきました。

 

新たな研究によると。。。

毎日5時間睡眠の人は死亡リスクの上昇が見られたものの、

平日は5時間睡眠でも週末の9時間寝て足りない睡眠時間を補った人には、

死亡リスクの上昇がなかったと言います。

 

土曜の朝遅くまで寝ていて、母親に怒られるといった経験は誰にでもあることでしょう。

このような寝だめは、睡眠専門家たちにも効果がないとされてきました。

ですが、新たな研究によれば寝だめには、

死のリスクを低下させる可能性があると言うことに。。。

 

大人で毎日の睡眠時間が長くても5時間までという人は、

死亡リスクが上昇するという研究結果が示されました。

ですが、平日の睡眠時間が5時間でも週末に

9時間寝ることで睡眠時間を補った場合には、

死亡リスクの上昇はなかったそうです。

 

65歳以下の4万3000人の睡眠習慣に関するデータを収集しています。

その後、これらの人々の13年後の死亡記録を調査し、

睡眠習慣が死に与えた影響を研究したということです。

 

 

また、当然ながら教育やBMI、

喫煙習慣などは死亡リスクに影響するため、

これらの影響も考慮されています。

そして、この研究の結果、週末の長時間睡眠は、

平日の短時間睡眠を補う可能性があるというものでした。

 

これまで睡眠専門家たちは不足した睡眠を取り戻すという行為の

無意味さを説いてきましたから。。。

 

 

この結果は平日の短時間睡眠も、

週末の長めの睡眠と組み合わせれば、

死のリスク要因ではないことを示唆していますとし、

つまり、平日の短時間睡眠は週末に補える可能性があり、

これが死亡率に影響するということです。

 

もちろん、いずれにしても、毎日十分な睡眠時間を取ることが理想的です。

 

日常的に6~7時間の睡眠を取っていた人々では、

死亡リスクの上昇はなかったと言います。

 

ですが早い時間に床につくことは、ときに難しいもの。

毎日なかなか眠りにつけないという人は、

瞑想をトレーニングするといいかもしれません。

瞑想は人の不安を解消し、

よりリラックスさせることがわかっていますので。。。

また、寝しなに牛乳を1杯飲むのも、効果的です。

精神を安定させる効果が期待できる成分が入っているので。

ぜひ試しください。。。

 
 

 

ページの一番上に戻る