夏流行の感染症

2018年07月26日

こんにちは。

佐倉市ユーカリが丘にありますルナ整骨院です。

ルナ整骨院は骨盤矯正をはじめ、猫背矯正、顎関節矯正、姿勢分析

鍼、産後の骨盤矯正をおこなっています。

美容に興味のある方は、美容鍼もおこなっていますので

お気軽にお電話ください。

産後で小さなお子様連れでも大丈夫です。

キッズスペースやバウンサーなどもご用意しております。

ベビーカーのままの入室も可能です。

予約制になりますので、まずはお電話ください。

ネット予約も随時受付中です。

 

毎日暑い日が続いていますね。

お子様がいる方は学校も夏休みに入り、じっと家の中でしていられませんよね。

少しでも冷たい所を求めてプールや海、水遊びが多くなりますよね。

そんな水の多い所で気を付けないといけないのは感染症です。

今日は、夏に流行する感染症のお話です。

代表的なものは3つあります。

【ヘルパンギーナ】

コクサッキーウイルスA群などにより発症します。

飛沫感染です。

症状としては高熱、喉の痛みが特徴です。

酷くなると、喉に水ぶくれや潰瘍ができて痛みがひどく、乳幼児の場合は

ミルクが飲めなくなります。

【手足口病】

コクサッキーウイルスやエンテロウイルスにより発症します。

飛沫感染です。

手のひらや足の裏、口の中に小さな水ぶくれや、赤い楕円形の発疹ができます。

熱がでることもあります。

【咽頭結膜炎(プール熱)】

アデノウイルスにより発症します。

こちらも飛沫感染です。目ヤニからもうつります。

プールの水を介して感染することもあるので、プール熱とも呼ばれています。

高熱と喉の痛みがあり、目の充血、涙など、結膜炎のような症状が特徴です。

 

代表的な3つをお話ししましたが、これらを予防するには

手洗い、うがいは基本ですが、他人のタオルやハンカチを貸し借りしないこと

が大切です。

夏かぜには特効薬がなく、ウイルスが体内からいなくなるのを待つしか

ありませんので体力を使います。

罹ってしまったら、安静にし、ウイルスに勝つための栄養と

水分をしっかり補給しましょう。

 

ページの一番上に戻る