夏バテ

2018年07月4日

 

肩凝りや腰痛にお悩みではありませんか?

ルナ整骨院は姿勢分析をして、お悩みにあった施術を行っていきます。

姿勢を正していくことは腰痛の改善に最適です。

ベテランの施術者が、丁寧な施術をおこなっていきます。

是非一度、ルナ整骨院にお越しください。

予約制になりますので、お気軽にお電話ください。

 

 

一気に暑くなりましたね。

夏バテの人が続出してくるころです。

そもそも夏バテはどんな症状ってどんなものなのか

よく分からない人もいるかと思いますので、症状をお伝えしますね。

・全身の疲労感

・だるさ

・吐き気

・熱っぽさ

・頭痛

・目まい

・胃もたれ

・食欲不振

・下痢

この様な症状が夏バテの症状として可能性が高いです。

なぜこのような症状がでてしまうのか、原因を考えてみましょう。

食欲がなくなる理由としては、冷たい物の摂り過ぎで、内臓の働きが

鈍くなるからです。

疲労感は、暑さにより熟睡ができなかった結果、体力が回復しないからです。

だるさは、室内と室外の気温差による自律神経の乱れです。

 

では、改善策を考えてみましょう。

夏バテで食欲がなくても食べなければ栄養も体力もつきません。

オススメな食べ物は、梅干し、フルーツ、ニンニク、唐辛子などです。

梅干しのクエン酸は食欲増進、疲労回復に効果的です。

フルーツは柑橘系、キウイ、グレープフルーツ、パイナップル、

アセロラ、イチゴなどがオススメです。フルーツにもクエン酸やビタミンが

含まれています。

ニンニクは食欲増進になりますので、豚肉料理の調味料として使っていただくと

ビタミンB1も一緒にとれて尚よいです。

唐辛子は、食べて汗をかくことも夏バテ解消に効果大です。

日常の生活の中でも少し注意していけば避けられることはたくさんあります。

いくつか紹介します。

夏場に不可欠な水分ですが、冷たい物を一気に飲むと胃腸が冷えてしまうので

こまめに分けて飲むようにしましょう。胃腸が冷えてしまうと機能が低下し、

食欲不振と共に、血液が全身に行き渡らなくなりダルさがでてしまいます。

食事は1日3回、同じ時間にきちんと摂ることが大切です。

エアコンの設定温度は27~28℃に設定して、外気温との差を5℃くらいに

し、自律神経の乱れをおさえましょう。

いかがでしたか?

少しでも参考になったでしょうか。

夏バテの原因は主に「暑さ」と「冷え」の2つです。

夏バテ対策をしていけば、過ごしやすい夏になるはずです。

 

 

ページの一番上に戻る