基礎代謝を高めよう

2018年05月17日

姿勢の悪さからくる肩こりには、姿勢分析からしっかりと施術していきましょう。

佐倉市ユーカリが丘にありますルナ整骨院は骨盤矯正ほか鍼施術もやっています。

駐車場完備。お気軽にご相談ください。ネット予約も随時行っております。

 

まもなく夏がやって来ますね。

「夏」と聞いて思い出す言葉は”ダイエット”という方は多いのでは?

一言でダイエットといっても、そう簡単には痩せられない!!というのが本音ですよね。

そもそも自分の体が痩せやすい体なのか?痩せにくい体なのか?わからないですよね。

 

ここで重要になってくるのは「代謝」です。

「代謝」という言葉はよく耳にすると思いますが、

代謝とは体の中に取り入れたエネルギーや栄養を消化することですよね。

代謝には内臓機能を動かすため自然と消化される「基礎代謝」と

体を動かすことで消費する「生活活動代謝」があります。

生活活動代謝を使って痩せるには、四六時中運動をしていればいいのかもしれませんが、

そうはいきません。というか出来ませんよね。

そもそも消費エネルギーの7割は基礎代謝が占めているそうです。

ですから、代謝を意識して運動するより、基礎代謝を上げることがダイエットの

成功に近づけるということですね。。。

 

この基礎代謝を高める方法の1つが、体温を上げることです。

体温が1度上がると基礎代謝量は13%~15%上がるそうです。

では、体温を上げる方法を紹介しますね。

1.冷たい飲み物、食べ物はなるべく避けましょう。

 体の内側から体温を下げてしまいます。

 基礎代謝は内臓と深くかかわりがありますのでなるべく避けたほうがいいです。

2.根菜や生姜、唐辛子を摂取しましょう。

 体の内側から体温を上げてくれる食材です。

3.腹八分目を心がけましょう。

 満腹感を得るまで食べてしまうと、内臓の働きが追い付かなくなってしまい

 血液の循環も悪くなり体温をうまく上げられなくなってしまうのです。

4.甘い物、レトルト食品、カフェインは控えましょう。

 甘い物の食べ過ぎは、血液をドロドロにしてしまいます。

 血行不良で体が冷えてしまいます。

 レトルト食品には大量の食品添加物が含まれていまうので、

 これも血行不良を起こしてしまいます。

 カフェインは、血管を収縮して血行を悪くします。

5.夏でも靴下を履き、素足や薄着に気を付けましょう。

 室内はエアコンで冷えていますので、外側からの冷えにも気をくばりましょう。

6.GABAを多く含む食べ物を食べましょう。

 ストレスの緩和に最適な成分「GABA」を摂りましょう。

 発芽玄米、漬物などの発酵食品、トマトなどです。

 ストレスは血行を悪くします。

7.ストレッチをしましょう。

 簡単なストレッチでいいので、1日に20分~30分やりましょう。

 血行も良くなり体の中から温まります。

8.足の裏とふくらはぎのマッサージをしましょう。

 心臓からいちばん遠い足は、血液の温度が下がっていますので、

 マッサージをして温めましょう。

9.質の高い睡眠をとりましょう。

 睡眠は健康の基本です。

 自律神経の乱れや成長ホルモンの分泌など大切な時間です。

 質の良い睡眠で血行不良を起こす要素を無くしましょう。

 

いかがですか?

簡単に実行出来そうなことばかりですよね。

現代人の平均体温は36.20度だそうです。

これは50年前と比べると0.7度も低くなっています。

現代の生活スタイル、食生活が引き起こした結果なのでしょうね。

自分の努力次第で生活スタイルも食生活も変えられますよ。

ちょっと頑張って、今年の夏はダイエット成功しましょう!!!

 

 

 

ページの一番上に戻る