土用の丑の日

2018年07月25日

こんにちは。

佐倉市ユーカリが丘にありますルナ整骨院です。

ルナ整骨院は交通事故の施術も行っています。

被害者、加害者の方、保険がよく分からない??という方も

初回に分かりやすくご説明いたします。

予約制になりますが、夜20時まで営業しております。

駐車場の完備しております。

ネット予約も随時受付中です。

 

皆さんよく耳にする「土用の丑の日」

今年は夏の土用の丑の日が2回あります。

通称”二の丑”です。

うなぎも2回食べれるというわけですね。

そもそも夏の土用の丑の日にうなぎを食べる習慣は何故なのか知っていますか?

どうやら本来うなぎの旬は冬なので、夏にうなぎが売れないため、

販売促進のために風習を根付かせたようです。

このうなぎですが、関東と関西では焼き方に大きな違いがありますよね。

改めてですが、今日は違いを探っていきたいと思います。

関東では・・・

背開きにして蒸す。これが基本ですね。

蒸す特徴としては「柔らかく、ふっくらする」ことです。

頭は焼く前に落とし、白焼きにしてから蒸し、再びたれを付けて焼きます。

これを江戸焼といい、口の中に入れるとふわっとすぐにほどける柔らかさです。

焼く前に蒸す理由は余分な脂を落とす役目です。

背開きにする理由も脂が多い腹の部分を真ん中にし、油を落としやすく

する為です。

関西では・・・

腹開きにし蒸さない。これが基本です。地焼きと言います。

蒸す工程がないので、食感としてはややしっかりめで脂が香ばしく焼けた

香りを楽しむことが出来ます。

こってりした脂を楽しみたい方は関西の焼き方が合うかと思います。

 

この焼き方の違いは何故おこったのでしょうか?

「蒸す」工程が大きな違いですよね。

それは、うなぎが摂れる場所に原因があるのです!

関東のうなぎは、関東平野が広く穏やかのため、うなぎの動きも

穏やかだったため脂ののりも良く、泥臭かったようです。

そのため、蒸す工程をいれ余分な脂をとり、泥臭さをとっていたというわけです。

(現在のうなぎは泥臭さも無いのですが、工程として残ったと言うことです。)

関西のうなぎは、周りは海や山が近く、濁らなかったようですね。

比較的急な流れの川で育っているので、関東のうなぎ程の脂ではなく、

蒸す工程は必要なかったようですね。

必要な理由があっての工程の違いになったんですね。

ただ、同じ関東の焼き方でも関西との間にある静岡の三島から浜名湖付近では

蒸さないうなぎ屋さんもあるようです。

この付近では江戸焼と地焼きの両方が楽しめるようですよ。

 

今年は危険暑さと言われる夏です!

汗もたくさんかくので疲労感も倍感じるのではないでしょうか。

うなぎは疲労回復のビタミンB1がとても豊富です。

土用の丑の日だけではなく、疲れた時にはぜひうなぎを食べて

元気に夏を乗り切りましょう!

 

 

ページの一番上に戻る