動く休養

2018年05月3日

みなさん、休みの日はどのように過ごしていますか?

平日の睡眠不足を解消しようと遅くまで寝ていたり、

体の疲れをとるために一日中ゴロゴロしていたりしていませんか?

休養というと、まったり過ごすものだと思ってしまいがちですが、

逆に身体が鈍ってしまい、疲れてしまうこともあるんです。

 

休養は、運動・栄養と並んで、健康づくりに欠かせない3大栄養の1つです。

休養が上手にとれていないと、

ビジネスや勉強に万全の状態で力を発揮することができません。

 

休養にも2つの方法があります。

「消極的休養」・・・体を休めてゆっくり休養すること。

          ただし、消極的休養が長いと、かえって疲労感が蓄積されること

          も。

          寝だめして、体のだるさを感じたことがある人も多いのでは?

 

「積極的休養」・・・体を動かすことで、次の日から頑張る気力を生み出します。

          いわゆる「休む」というイメージとは異なるかもしれませんが、

          全身の血行を良くすることで疲労回復が早くなります。

 

<積極的休養の取り入れ方>

体を動かして、有酸素運動を行います。

有酸素運動をすることで、疲労物質が除去されやすくなります。

あくまで休養ですから、頑張りすぎないことがコツです。

ジョギングならば、走りながら会話できるスピードで、

軽く汗ばむくらいが良いでしょう。

時間は20分~30分が最適です。

スイミングでも平泳ぎやクロールでゆっくり泳ぐのがいいでしょう。

 

<消極的休養の取り入れ方>

人間、疲れ果てているときに、ジョギングなんてできません。

そんな時は「短時間」を心がけてください。

昼寝をするなら30分だけ、気力がないから1時間だけゴロゴロするというように

時間を設定して、ずるずる過ごさないようにしましょう。

昼寝の効果は夜の睡眠の3倍とも言われていて、

短時間の昼寝は質のいい睡眠をとることができるので、おすすめです。

逆にいえば、30分昼寝をしても疲れがとれない時は、

精神的な疲労が溜まっている証拠。

積極的休養を試してみてください。

 

 

 

 

 

ページの一番上に戻る