加湿器いらず

2019年01月27日

寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

冷えて身体が固まることによる血行不良や、

それにより起きる身体の不調も気になるところです。

入浴や運動で身体を温める習慣をつけましょう。

 

ルナ整骨院では、痛みのある部位の施術はもちろん、

「姿勢」を切り口にしたケガの予防、体質改善などのアドバイスも行っております。

痛みを我慢せずに、お気軽にお問合せください。

 

空気が乾燥していて、手やお肌のカサカサが気になる今日この頃ですが、

ご自宅で加湿器をフル活動している方も多いのではないでしょうか。。。?

一方で、お手入れがめんどう、、、ほんとに効果あるの?などの理由で

加湿器を使用しない方もいらっしゃいますよね。

私も後者の方ですが(^^;)

そんな方のために、加湿器なしでも簡単にできる加湿方法をご紹介します♪

 

まずはなんといっても、洗濯物を部屋の中で干す方法です。

これが一番効果がある気がしますヽ(^。^)ノ

嫌なにおいがつかないか心配…という方は、干し方のコツを2つ押さえましょう。

 

まず1つは、扇風機の風を洗濯物に当てながら乾かすこと。

2つめは、洗濯物の間隔をできるだけ空けて干すということです。

 

これを気をつけるだけで、臭いの元となる雑菌も繁殖しにくくなり、

生乾き臭も抑えられますよ。

 

次にオススメなのが、霧吹きで、水を空中や布製品などに吹きかけることです。

特にオススメなのがカーテンです。

カーテンは広げると大きいので、

まんべんなく霧吹きを吹きかけると保湿効果が期待できます。

ルナ整骨院でも、カーテンに霧吹きをしていますが、けっこう効果がありますよ。

 

床がフローリングの場合は、掃除の際に、水拭きもしてみましょう。

床についた水分が蒸発して、空中を潤してくれます。

水拭きをするなら、床のほかに窓、冷蔵庫、電子レンジなどの大きな家電も掃除してしまいましょう。

大変ですが、運動にも、掃除にも、加湿にもなるので、まさに一石三鳥ですよ!

 

最後は、毎日のお風呂上がりにできる小技です。

お風呂から上がったら、そのまま浴室のドアを開けっ放しにしておきましょう。

浴室にこもった湯気が、脱衣所やリビングに届くことで加湿効果があります。

 

ご紹介した技を覚えておくと、旅行や出張先のホテルで乾燥が気になる場合も

すぐ対処できますよ!!

 

ページの一番上に戻る