利き手の逆を使ってみよう

2018年05月30日

佐倉市ユーカリが丘にありますルナ整骨院です。

辛い腰痛にお困りではないですか?

こちらでは姿勢分析からお悩みに合った施術を行っています。

経験豊富なスタッフが対応いたしますので、初めての整骨院でも

何も心配はいりません。

その他、顎関節矯正、猫背矯正、鍼施術などやっております。

まずはお気軽にお電話ください。

ネット予約も行っております。

 

皆さんの利き手はどちらですか?

”右”という方が多いのかな?両方という方もいるでしょうね。

利き手は先天的なものなので、利き手そのものを変更することは不可能らしいですよ。

今日は、利き手と脳のお話をします。

利き手と脳は密接な関係で繋がっているんです。

右手は左脳、左手は右脳。

ですので、右利きの人は左脳が発達し、

左利きの人は右脳がより発達すると言うことです。

これを両方使ってバランスよく脳を使っていくことにより

集中力が高まったり、意欲向上心も期待できます!

 

確かに利き手ではない方を使うとなると、集中力を必要としますので、

集中力が高まるかもしれませんが、

上手くできないことで、イライラも高まってしまいそうですよね。

なので、何が何でもやるぞ~!!までは頑張らなくていいですよ。

日常の何気ないことからチャレンジしてみて下さい。

例えば、歯磨きをする時、逆手で歯ブラシを持ってみる。

着替えの時、いつもと反対の腕、足から着てみる。

そんな些細な事を習慣づけていければいいんです!

ある博士の研究結果によると、2週間利き手と逆の手を意識的に使うことで

怒りの感情をコントロールしやすくなったことがわかったようです。

普段の反対の手を意識して使うことで、自制心を司る脳部位が刺激を受けるからだそうです。

 

ふだんのちょっとした動きから始めればいいので、

ちょっと意識してバランスよく脳を使い、

集中力アップで仕事がはかどれば、やる気まで上がりますよね。

私も老化防止を兼ねて、毎日飲むコーヒーカップを・・・スマホを・・・

そんなとこから始めてみようかな。

 

 

 

 

ページの一番上に戻る