体温調節

2018年03月27日

こんにちは!!ルナ☽整骨院です。

こちらでは、交通事故施術も行っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

 

これからの季節は、薄着の格好で出かけることが多くなるかと思いますが、

日中と朝晩では温度差があり、肌寒さを感じることもあります。

冷えによる病気というのは、油断していると知らぬ間にスッと身体に入り、

突然体調を崩す原因になります。

 

この季節に風邪が多いのも、

この知らぬ間に入ってくる冷えによって引き起こされているのです。

一枚脱ぎ着できる服を用意しておくと、体温を調節することができます。

簡単なことですが、

体調を管理するうえではとても大切なことになるので気をつけてみてくださいね。

 

そして、これからの季節、夏に向けて体温調節機能を復活させることが大切になります。

今は暖房や冷房がどこへ行っても完備されているので、体温調節機能が弱くなっています。

「外気に触れる」・「身体を動かし汗をかく」

この2つを意識してみてください。

自律神経が刺激され、体温調節機能が高まります。

この時期に、無茶をしたり、油断していると、夏に入ってからも、身体が整わずに、不調をひきずることにもなります。

いまから徐々に身体を使い、この時期を健康に乗り越えると共に、夏を楽しめるような身体をつくっておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの一番上に戻る