体を温めて免疫力を高めましょう。

2019年01月17日

 

 

毎日寒くて体がすっかり冷えきってませんか?

体が冷えるという事は、身体中に悪影響を及ぼします。

頭痛、肩こり、だるさ、肌荒れをはじめ内臓の方も、胃腸の働きが悪くなったり、

便秘や下痢、生理痛がひどくなることもあります。

睡眠トラブルも冷えが原因で起こる症状です。

体のいろいろな部分でトラブルが起こりますと、同時に免疫力もガクッと下がり、

風邪をひきやすくなったり、今ですとインフルエンザも大敵になります。

人の体は36.5℃~37.0℃くらいが健康的な体温で免疫力がしっかりある状態です。

1度下がると免疫力は37%低下してしまいます。

ちなみにがん細胞は低体温を好み、35℃の時に増えやすくなるそうです。

身体を温める手軽な方法に1つに使い捨てホッカイロを使ってみましょう。

貼る場所によって温まり方も違ってきますので、いくつか紹介しますね。

全身を温めたい場合は腰に貼りましょう。

ちょうどおへその反対側に貼りましょう。血液が集中する臓器がありますので、

血液が温まり全身へと運んでくれます。手足の先までポカポカになりますよ。

胃腸の調子が悪い場合は、おへその少し下部分に貼りましょう。

内臓が温められて、滞った血液の流れを良くしてくれます。

女性特有の痛みは仙骨あたりに貼りましょう。

尾てい骨の少し上あたりが仙骨の場所です。子宮が温められ痛みが和らぎますよ。

 

体温を上げて免疫力をUPし、健康な体で過ごすとともに、

お肌も血液の流れが良くなりますので

くすみや乾燥などトラブルの解消に繋がります。

ダイエットをしている方も、代謝が良くなり脂肪が燃えやすくなりますよ。

 

 

 

ページの一番上に戻る