今が旬!新玉ねぎ。

2018年05月9日

まさに今が旬!の新玉ねぎ。

水分が多くてやわらかく、甘くてとっても食べやすいですよね。

そこで今日は、新玉ねぎの栄養と効果のお話をします。

基本、新玉ねぎも茶色の玉ねぎもビタミンB1B2ビタミンCカリウムなどの

栄養素が含まれています。

玉ねぎの辛味成分である「硫化アリル」には、体の免役力を高め、

疲労回復の効果があります。

「硫化アリル」はビタミンB1と結合することで、ビタミンB1の吸収を高めてくれます。

ビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変えてくれたり、脳神経を活発にしてくれるなど

私たちの健康には欠かせない重要な栄養素の1つです。

ネギ類はビタミンB1を効率よく摂取するのに適した野菜なのです。

しかしビタミンB1は水に溶けやすく熱に弱いということと、ネギ類なので

特有の辛味がありますね。

そこで新玉ねぎの利点発揮です!!

辛みもあまりないですし、柔らかいのでサラダにする時も、

一度水で晒すことなくすみますね。

ビタミンB1を流してしまうこともなく摂取できますよ。

新玉ねぎが出回る時期は短いですから、たくさん買いだめして、ビタミンB1を

毎日の食事からたくさん取り入れましょう♡

 

 

 

ページの一番上に戻る