七草がゆ

2018年01月4日

こんにちは♥ルナ☽整骨院です。 

ルナ整骨院では、交通事故の施術も行っておりますので、

是非、ご相談ください。

一連の正月行事の締めとして、1月7日の朝、「七草がゆ」を食べる習慣が日本にはあります。七草がゆは、その名の通り「春の七草」と呼ばれる具材をいれたお粥のことです。

受験などで丸暗記した記憶はないでしょうか。

七草がゆを食べることで、1年間の無病息災への祈りを込める意味があります。

春の七草に込められた意味

・芹(せり):競争に競りかつ

・薺(なずな):なでて汚れを取り除く

・御形(ごぎょう):仏の体をあらわす

・繁縷(はこべら):茎に葉がたくさんつく→繁栄をあらわす

・仏の座(ほとけのざ):仏の安座

・鈴菜(すずな):神を呼ぶための鈴

・清白(すずしろ):汚れのない清白

地域によっては七草の種類が増えたり、減ったりします。

ただ、七草ひとつひとつに意味が込められたように、七草がゆには、家族が1年通して元気に過ごせることを祈ってお粥を頂く習慣であることは変わりません。

1月7日に七草がゆを食べる由来には、「節句」という言葉が深く関係しています。

最近はなじみが薄いかもしれませんが、「節句」とは、無病息災を祈って邪気を覗く節目となる季節の変わり目のことをいいます。

節句は1年で5回あり、1月7日も「人日(じんじつ)の節句」と呼ばれる節句のひとつです。

中国から、人日の節句に7種類の野菜を食べて健康を祈った風習が日本に伝わり、七草がゆが定着しました。

昔の風習を知って七草がゆを食べるのもいいですが、おせち料理やお正月の御馳走で胃腸も疲れ気味。

疲れた胃腸を休めるのに、ちょうどいい七草がゆで新年を気持ちよく過ごしたいですよね。

 

 

ページの一番上に戻る