レモン水

2018年05月31日

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     佐倉市ユーカリが丘にあります、ルナ整骨院です。

こちらでは、鍼灸治療も行っております。

肩こり、腰痛、ぎっくり腰、坐骨神経痛、寝違え、むちうちの後遺症など様々な

お悩みに対応致します。

駐車場も4台完備しておりますので、HPでご確認のうえ、

お越しください。

ネット&お電話でのご予約も承っております。

 

先日、お弁当にレモン????を使った残りが冷蔵庫に入っていたので、

ふと、レモン水にして飲んだら、身体にスーッと染み込んでいきました。

普段と違う事をしてみるのもいいものですね♪

 

そのレモン水!!紫外線の時期にはとってもいいそうですよ。

レモン1個分(120g)のレモン果汁には20㎎のビタミンCが含まれています。

これは1日に必要なビタミンCの5分の1ほどになります。

ビタミンCは美肌のもとであるコラーゲンを作る為に必要な成分です。

肌のハリをアップしたり、シワを改善する効果が期待できます!!

 

そして、ビタミンCにはメラニンを抑制する効果もあります。

メラニンは紫外線の刺激によって生成され、シミやくすみの元になるため、

美肌の大敵です。

 

また、ビタミンCには白血球の働きを活発にする効果もあります。

白血球には体内に侵入してきた細菌や

ウィルスをやっつけて体を守る働きがあり、

ビタミンCをとることで、免疫力がアップします。

免疫力が低下すると吹き出物などの肌トラブルの原因にもなりますし、

病気にもかかりやすくなるので、積極的にビタミンCを摂りたいところです。

 

レモン水はさわやかな香りなので、朝飲むと目覚めがスッキリしますが、

レモンなどのかんきつ類には「ソラレン」という成分が含まれています。

ソラレンには「光毒性」と呼ばれる性質があり、紫外線の吸収を促すため、

美白を保ちたい人にとってはあまり嬉しくない成分です。

ソラレンを摂取してから7時間は紫外線の吸収が増えるので、

夜にレモン水を飲むといいでしょう。

 

是非、毎日の習慣にしてみてくださいね!

 

 

ページの一番上に戻る