ボジョレー・ヌーボー

2016年11月4日

11月17日にいよいよ解禁となるボジョレー・ヌーボー

 

ボジョレー・ヌーボーといえば毎年11月の3木曜日に解禁されるワインとして知られています

盛大なお祭りのように売り出されるボジョレー・ヌーボーですがヌーボーというのは新酒という意味で、フランスのブルゴーニュ地方のボジョレー地区で造られるワインです。

その年のブドウの出来を確認するための試飲酒として造られるため、炭酸ガスを注入し、急速に発酵させて数週間という短期間で醸造されます

そのため軽い味わいが特徴的です

しかしボジョレー・ヌーボーと呼ばれるワインは4種類に分けられるのです

 

ボジョレー・ヌーボーの種類

ボジョレー・ヌーボーはフランスの法律でAOCワインとして認定されています

AOCワインばは厳しい審査に通過したものだけがおの地域の名称を名乗ることができ、4つの種類に分けられます

1ボジョレー・ヌーボー 地方単位

2ボジョレー・シュペリュール 地区単位

3ボジョレー・ヴィラージュ 村単位

4クリュ・ボジョレー 畑単位

地方→地区→村→畑と範囲が狭まると審査が厳しくなります

しかし2のボジョレー・シュペリュールは生産量が少なく市場に出回ることはほとんどありません

ボジョレーヌーボーとの違い

ボジョレー・ヴィラージュのヴィラージュとは村のことで

いわゆる村名ワインと呼ばれるワインです

ボジョレー地区の中でも北部の村に位地する39の地域の村のみに許された称号で、ブドウの選果も厳しく行なわれているので高品質です

購入するときにはボジョレーとヌーボーの文字の間にVILLAGESと入っているものを選んでください

味はボジョレーヌーボーより濃厚え繊維さ、優雅さがあります

最高ランクのグラン・クリュは10か所の限定された畑しか許されてない称号です

醸造方法がほかのボジョレーとは異なり、長熟成にも耐える方法で造られているため、ヌーボー(新酒)は造られていません

そのため、ボジョレーの特徴である香りやフルーティーさはそのままで熟成されたワインの厚みや風味が加わってきます

ボジョレーは軽すぎて好み出なかった人もほかのボジョレーをためしてみると新たな発見があるかも!!

 

 

 

 

ページの一番上に戻る