ホットワイン

2017年11月23日

こんにちは♥ルナ☽整骨院です。

こちらでは、交通事故施術も行っておりますので、是非、お越し下さい。

みなさんホットワインって知っていますか?

その名の通り、温めたワインのことです。

体の中から温まってしかも美味しいですし、冷え性改善にもってこいです。

また、風邪予防や、美容対策にも効果的です。

日本ではまだ定着していませんが、ヨーロッパでは冬の飲み物として定番になっています。

ホットワインは赤ワインが主流ですが、白ワインを使った飲み方もあり、そこは好みで選べばいいでしょう。

ただワインを温めて飲むだけでなく、スパイスやフルーツ、蜂蜜などを加えて飲むと、ワインの渋みが苦手な人でも美味しくいただけると思います。

身体が冷えると。。。?

・自律神経のバランスが乱れる

・酸素や栄養が行き渡らず疲れやすくなる

・やせにくくなる

・免疫力が低下する

など体調不良につながることばかりです。

身体を温めることは免疫力アップにつながります。

最近では平熱が36℃以下の低体温の人が増えているそうです。

日本でも風邪の引き始めなどに生姜湯を飲んだりしますよね。

それと同じで

・疲れている時

・体力が落ちている時

・ストレスが続いている時

にホットワインを飲むことで免疫力がアップして風邪を予防することができます。

また、体温は1日を通して一定ではなく、日中は高く、夜は低くなるようになっています。

ですから、夜になると日中溜め込んだ熱を放出することによって深部体温(体の中の熱)を下げて、だんだん眠くなる、という自然のリズムが身体にはあるのです。

ところが、身体が冷えていると放出する熱がないので、このスイッチが入りにくく、寝つきが悪くなるのです。

寝る前にいったん身体を温めることによってこのリズムを作ることができるので、ぐっすり眠れるようになるでしょう。

質の良い睡眠を取ることはお肌のためにもいいことですし、疲労の回復も早めてくれます。

 

ワインといえばポリフェノールというくらい、よく名の知れた栄養素ですね。

ポリフェノールには色々な種類があり、色素や渋み、苦味の成分です。

ポリフェノールには高い抗酸化作用があり、体内の活性酸素の増殖を抑えて、細胞が錆ついて老化するのを防いでくれる働きがあるので美肌作りには欠かせない成分です。

シミやシワなどの老化現象から肌を守ります。

特に赤ワインに含まれているレスベラトロールというポリフェノールは特にアンチエイジング作用が強く、お肌の老化予防にも有効です。

(基本的な作り方)

ワインを電子レンジでチンするか、鍋で温めるかします。ワインは高級なものである必要はなく、スーパーやコンビニで売っているもので十分です。

1、鍋に赤ワイン、オレンジの輪切り、シナモンパウダーを少々入れます。

2、沸騰しない程度に温めましょう。

3、10~20分程度おいて味をなじませるとさらにまろやかになります。

4、こし器でワインをこしてグラスにつぎます。

シナモンなどのスパイスはパウダータイプが手頃ですが、シナモンスティックなどホールタイプを使った方が香りがおいしくできます。

アルコールが苦手な人は、ワインの半量を水やジュースにして作ると良いでしょう。

☆アレンジ

【赤ワイン+いちご+チョコレート=リラックス】

イチゴの酸味とチョコレートの甘味が絶妙です。

(材料)

・イチゴ(つぶす)2~3個、ジャムでもいいですが、甘くなるのでハチミツは減らした方がいいです。

・チョコレートシロップ スプーン1杯

・ハチミツ 好みの量

・赤ワイン150ml

・シナモンパウダー 適量

 

【赤ワイン+リンゴ+砂糖=風邪予防】

(材料)

・赤ワイン150ml

・水50ml

・リンゴ1/4個

・砂糖 適量

りんごを一口大に切ってすべての材料を鍋に入れて火にかけます。水の代わりに紅茶を使うとさっぱりしてさらに飲みやすくなります。

【赤ワイン+ジンジャーエール】

お酒が苦手な人におすすめです。

赤ワインとジンジャーエールを半々ずつ混ぜます。

混ぜてから電子レンジでチンしてもいいですし、炭酸が抜けないようにするにはワインだけを温めます。

赤ワインを少し熱めにして常温のジンジャーエールを加えるとちょうどいい温度になるでしょう。甘味が足りなければハチミツを加えて下さい。

【白ワイン+生姜+はちみつ=冷え性改善】

白ワインとお湯を半量ずつ鍋に入れて、生姜のスライスとハチミツを加えましょう。

生姜は生のすりおろしなどは逆に身体を冷やしてしまうので、加熱した方が冷え対策になります。

とてもさっぱりしているので、甘いお酒が苦手な人にもおすすめです。

【白ワイン+レモン+はちみつ=疲労回復】

白ワインとレモンのスライス、ハチミツを鍋に入れて温めます。レモンのクエン酸で疲労も回復し、ぐっすり眠って翌朝スッキリ目覚めるでしょう。

 

冷えは万病の元といわれます。

常に身体を温めておくことで、疲れにくく風邪もひきにくい丈夫な身体になります。

ただし、アルコールの利尿作用や覚醒作用でかえって睡眠の妨げになってしまいますから、コップ1杯程度にしておきましょう。

 

ページの一番上に戻る