ヒートショック

2018年02月26日

 

こんにちは。。。ルナ整骨院☽です。

 

いよいよ3月の声も聞こえてきましたが。。。

まだまだ寒い日が続きますね。。。

 

ルナ整骨院では、整体・鍼の施術をはじめ交通事故の施術も行っております。

お気軽にお問合せ下さい。。。

 

 

ところで。。。

ヒートショックって皆さん聞いたことあります?

 

私達の血圧は常に一定であるわけではなく、

1日のうちでも変動があります。

多くの人は朝の血圧は低めで昼にかけて上昇していき、

夕方から夜には徐々に低くなっていきます。

また、夏は低く、冬は高くなるという季節変動もあります。

冬」は気温が下がるので、体温を保持しようと

交感神経が働いて血管が収縮するため、

血圧は上がってしまうのです。

このように絶えず変動している血圧ですが、

最も危険なのが急激な温度変化です。

例えば暖かい部屋から寒い屋外に移動したとき、

血圧は上昇します。

また、冷たい水に触れるだけで、20mmHg以上も

血圧が上昇することがあります。

このように、急激な温度変化で血圧は乱高下しますが、

その血圧変動によって起こる健康被害のことを

ヒートショックといいます。。。

 

 

室内と屋外の温度差を少なくすれば

ヒートショックを防げるかというと。。。

そんなことはありません。

外出しない場合でも、冬場の入浴には危険が隠れています。

 

 

暖房の効いた部屋と浴室では、かなりの温度差があります。

浴槽のお湯から出る湯気の影響をほとんど受けない脱衣所では、

さらに温度差が広がるかもしれません。

部屋からいきなり脱衣所へ行き服を脱いだら、

急激な温度変化が体に襲いかかります。

裸足になって、浴室の冷たい床に触れるのも危険です。

そんな血圧の急上昇によって、脳出血や脳梗塞、

心筋梗塞が引き起こされる場合があるのです。

 

 

高血圧や動脈硬化の心配がある人は、

いっそう注意しなければなりません。

また、高齢者の場合は、

家族など周囲の人が気をつける必要があります。

 

 

実際、1年間で約1万7000人ものヒートショックに関連した

入浴中急死と推計されており、

そのうち1万4000人くらいが高齢者だと考えられています。

また、入浴中の事故死は冬季に多く、

全体の約5割が12月から2月にかけて発生しています。

そして、入浴中の事故死は

気温に関係しているという報告もあるのです。。。

 

 

では、こんなケースでヒートショックに見舞われないためには

どうしたらいいのでしょうか。。。

それはもちろん、居間・寝室と浴室・脱衣所の温度差を

できるだけ少なくすることです。

脱衣所に小さな暖房器具を置くことが、手っ取り早い方法です。

ただし、着替えやタオルなどが散乱しがちなスペースですから、

火災に対して十分な注意が必要です。

また、裸足が直接脱衣所の床に触れることのないように、

厚手のバスマットや絨毯を敷くことも効果的です。

 

 

お湯を貼った浴槽のふたを外すだけでも、

湯気で浴室が暖められます。

入浴前に、シャワーからお湯を出しておくのも一つの方法です。

お湯は浴槽に向けるだけでなく、

浴室の床に向きを変えておくと暖めることができ、

さらに効果が高まります。

浴槽のお湯を床にまいておくのもいいでしょう。

もちろん、入浴前後に水分補給を行うことも忘れずに。

 

 

なお、飲酒後の入浴を避けることもリスク回避には重要です。

また、喫煙も血圧を上昇させます。

入浴直前の喫煙も避けたほうがいいでしょう。

 

ページの一番上に戻る