テンペ

2018年02月6日

こんにちは♥ルナ☽整骨院です。

ルナ整骨院では、交通事故の施術も行っておりますので、

何でもご相談ください。

 

皆さん、「テンペ」ってご存知ですか?

テンペとは、テンペ菌の働きにより大豆を24時間発酵して作る、インドネシアでポピュラーな食べ物のことを言います。

見た目は納豆に近いかもしれません。

実はテンペ菌にはビタミンB群・マグネシウム・カルシウム・食物繊維やアミノ酸の一種などが豊富に含まれているため、スーパーフードと呼ばれています。

味は人によって異なると言われていますが、栗やナッツ、豆そのものの風味がするようです。

これらの食材がお好きであれば挑戦してみてはいかがでしょうか?

日本の納豆とは異なって、粘り気やにおいがほとんどなく、様々な料理に使われています。

(効能)

・美肌・美白

テンペ菌にはアミノ酸の一種のポリアミンが含まれており、このポリアミンが肌の角質層部へと行き届き、水分を補給&保持してくれます。

他にも肌のくすみの解消が期待できるので、トーンアップにも繋がります。またテンペにはイソフラボンが豊富に含まれています。

イソフラボンは肌にハリや弾力、コラーゲンの生成を促すといわれているので、お肌を若々しく健やかに保ちます。

・アンチエイジング

アミノ酸の一種のポリアミン成分が血の巡りを良くし、体内の細胞の働きを活性化させるので、エイジングケアが期待できます。

さらにテンペに含まれているイソフラボンが体内で酸化してしまった細胞を取り除き、身体をすっきりさせてくれます。

・ダイエット

テンペには食物繊維が豊富に含まれているので、お腹を膨らませて腹持ちを良くしてくれます。また、食物繊維は便秘にもおすすめです。

テンペはコレステロールや塩分はゼロで、たんぱく質が豊富に含まれているため運動を取り入れながら摂取するとダイエットにとても効果的です。

欧米ではベジタリアンがカロリーコントロール用に食べているのだそうです。

・生活習慣病予防

テンペは抗酸化作用もあるので、脂肪の酸化を防ぎ、高血圧や糖尿病などの生活習慣予防も期待できます。

 

テンペは食品なので、1日の摂取量は定められていません。しかし、大豆食品なので大豆イソフラボンが多く含まれています。

大豆イソフラボンは大量摂取すると体に良くないと言われています。

テンペの場合、100gの中にイソフラボンが50~60㎎含まれています。

そのため、1日100g以内で十分にイソフラボンを摂取することができます。

他にサプリメントや豆乳を摂取している場合は、その量と調整しながら食べるようにしましょう。

また、テンペは大豆製品なためアレルギーを持っている人は食べないようにしましょう。

その他、更年期障害や乳がんでホルモン治療をしている人も、テンペを食べるとエストロゲンの過剰摂取になる場合があるので、必ず医師に相談するようにしましょう。

 

 

ページの一番上に戻る