スマホ老眼とは

2018年09月28日

秋の長雨なのでしょうか。。。

台風の影響なのでしょうか。。。

気持ちのいい秋晴れとは、なかなかならないようです。

こんな時期は、体調を崩す人が多く、

風邪をひいたり、もちろん。。。

腰痛、肩凝り、頭痛など。。。

様々な不調が。。。

体の歪みからくるものも、あるのです。

痛みのある部位の施術はもちろん、

姿勢を切り口としたケガの予防、

体質改善などのアドバイスも行っております。

是非、一度ルナ整骨院へお越しください。

 

 

 

最近、20代、30代の若い日雄たちのあいだで、

手元が見にくい、夕方になると物が見づらいなどといった

老眼のような症状に悩む人が増えています。

これは、スマートフォンなどの携帯情報端末の長時間の使用による

スマホ老眼と呼ばれる症状です。

このスマホ老眼は、加齢による老眼と同様、

眼のピント調節がスムーズにできないことにより起こります。

ただし、加齢による老眼と異なり、

若い世代にみられるスマホ老眼の場合、

症状は一時的なことが多く、疲れの度合いによって

視力が安定しないことも特徴のひとつです。

 

 

 

(スマホ老眼の原因)

私たちが物を見るときには、その対象物の距離に応じて、

自動でピントを合わせています。

ピント調節に関係するのは、眼の中でカメラのレンズのような

働きをする水晶体と、その周りの筋肉である毛様体筋です。

毛細体筋を緊張させたり緩めたりすることにより、

水晶体の厚みを変化させて、ピントを調節しています。

 

 

一般的な老眼は、加齢によって水晶体が硬くなったり、

毛様体筋が衰えたりすることでピント調節機能が低下した状態ですが、

スマホ老眼は、至近距離でスマートフォンなどを見続けることにより、

毛様体筋が凝り固まって、ピント調節がうまくできなくなってしまった状態です。

私たちの眼は、本来遠くが見やすく、近くを見ると疲れやすい構造です。

特にスマートフォンなどの操作では、パソコンなどの操作時よりも

さらに近い距離で、小さな画面をつい長時間凝視してしまいがちです。

そのため眼に大きな負担がかかり、筋肉疲労を起こしやすいといえます。

 

 

皆さん。。。何をするにも、ほどほどにしましょうね。

適度な休息もとることを、こころがけましょう。。。

 

ページの一番上に戻る