シャワー洗顔NG!!

2018年06月3日

佐倉市ユーカリが丘で交通事故やむちうちに遭われた方は、

ルナ整骨院までご相談ください。

経験豊富なスタッフが対応致します。

また、産後の骨盤矯正、猫背矯正、顎関節矯正なども行っておりますので、

お気軽にお問合せください。

駐車場も4台完備しておりますので、ご安心ください。

 

みなさんの中で、洗顔をする時、シャワーで済ませている方いらっしゃいませんか??

私も、夜はお風呂に入る前に、シャワーで洗顔してしまいます(;・∀・)。。。

でもそれって、お肌の劣化にすごく影響してしまうみたいなんです。

 

まず、シャワーの水圧が、たるみの原因を作ってしまいます。

シャワーで短時間に全身を洗うのは本当に楽ですよね。

頭、顔、ボディと全身をいっきに洗ってしまいがちです。

浴室では、蒸気などで、普段よりも毛穴が開いた状態になります。

そのポッカリ空いた毛穴の状態では、シャワーの強い水圧がモロにかかってしまいます。

その影響で、肌が垂れ下がってしまうんです。

 

また、毎日のシャワーを冷たい水で浴びている方はいないですよね?

温度の高いお湯で洗顔してしまうと、肌に必要な脂質までも流してしまうのです。

浴室では肌がふやけて、角質がとても柔らかい状態になっています。

そこに強い水圧のお湯が直接当てられると、お肌の潤いは根こそぎ流れ落ちてしまいます。

潤いを失った乾燥肌は、たるみに直結する原因となります。

 

また、シャワーで洗顔すると、保湿ケアが遅れてしまいます。

お風呂は蒸気が充満しているので、潤っていると錯覚してしまいがちですが、

実際のお肌は急激な乾燥状態になっています。

浴室から出て保湿ケアをしていては、手遅れなんです。

 

たるみを防止するなら、洗顔は水温を低くした水洗顔がおすすめです。

お肌の皮脂を必要以上に落とすことなく、潤いを保った状態で洗顔できるからです。

 

☆洗顔は洗面台などで行うのがベストです。

顔をすすぐ際は、手のひらに水を溜めて、肌にそっと当てながら優しくすすいでください。

保湿ケアも洗顔後にすぐ行えるので、肌の乾燥状態を極力短くすることができます。

もしも、シャワー洗顔してしまっている方で「たるみ肌」に悩んでいるとしたら、

一度シャワー洗顔をやめてみてください。

きっとハリのある肌が戻ってきますよ~

 

 


 

 

ページの一番上に戻る